Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

2010.6.4 釣果始末記

dc060408.jpg6.4に捕獲したランカー級 40cmエソ2尾、50cmエソ1尾。
dc061101_20100611082344.jpg解体終了。
dc061103_20100611082343.jpg頭、内臓。
dc061104.jpg
dc061105_20100611082647.jpg胴体はぶつ切りにします。
dc061106_20100611082646.jpg片栗粉を塗して。
dc061110_20100611082646.jpg揚げていきます。
dc061113.jpg
dc061112.jpg揚げた身を甘酢に漬け込み、南蛮漬けにします。エソは小骨が多いので1週間も漬けて置けば骨が軟らかくなり食べ易くなります。
dc061114.jpg醤油、清酒、味醂を1:1:1、砂糖適量を混ぜて調味液を作ります。
dc061115.jpg内臓と卵。
dc061116.jpg調味液に漬け込みます、時間はお好きなだけどうぞ。
dc061117.jpg鍋に移して・・・。
dc061119.jpg鍋で煮込んでいきます。
dc061121.jpg30分間位煮込んで、粗熱を取って完成です。

今回は、小骨の多いエソをどう攻略するか、考えてみた結果、揚げて骨を軟化させ、更に酢で軟らかくさせる手法を取りました。南蛮漬けは、カルシュウム摂取の手段として非常に有効です。
1週間も漬け込めば、小骨は問題無く食べれます。

また、鰓、内臓、魚卵は丸ごと煮付けにしてみました。

捨てる所は、鱗位ですね。

冷凍庫を連日の釣行で大量に捕獲した、タコ、イカ、メバル、ダイナンギンポ、ハコフグなどが占拠しており、おまけに一人所帯なので、保存の効く調理法を選択しています。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Extra

プロフィール

鎌海豚

  • Author:鎌海豚
  • ご来訪、まことに有り難う御座います。
    福岡在住の自然大好き、自炊暦20?年の男子です。
    釣り、料理、等等日常生活の様々な話題を載せていきます。





    http://ping.blogmura.com/xmlrpc/1gap92b49f51

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。