Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C466] ご来訪有難うございます!

作り始めてから、熟成するまで、少なくとも3年6ヶ月は、掛かりました。商売気がないので、辛抱強く待てました。
これから、味付けの幅が広がります。
  • 2008-09-16
  • 投稿者 : 鎌海豚
  • URL
  • 編集

[C465] ご無沙汰しました

ご無沙汰しています。魚醤上手に作れて流石です。これだけいろいろな魚と買ったのですから味は抜群でしょうね。ご自分でこれだけ作られるのですからすごいことです。普段なら捨ててしまう素材有効に使っているのですからこれは学ばなければならないことです。魚料理楽しみにしています。
  • 2008-09-16
  • 投稿者 : ti1935
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

魚醤(ぎょしょう)ができたよ!

前回の記事より待つこと、2年6ヶ月、やっと魚醤(ぎょしょう)が完成しました!!

dc091502.jpg

本日、ビンを取り出し、ふたを開けて、中身をかき混ぜ、においをかいで見ました。
多少の臭さはありましたが、明らかに前回よりは、減っていました。また、原形をとどめていた、頭やひれ、骨、内臓は全て分解されて、ペースト状になっていました。

さじですくって、味見をしてみると、前回の様なとげとげしさが無くなり、非常にまろやかになっていました。

近所のスーパーに買い物に行く度に、市販の魚醤を探していたのですが、とうとう見つからずじまいでした。

売っていないのであれば、自分で作ってしまえということで、魚1尾を丸ごと購入し、解体する際に出る、頭、内臓、中落ち、ひれなどに粗塩を混ぜ、ビンに入れて放置しておりました。

使った魚は、クロマグロ、カツオ、ヒラマサ、ブリ、サワラ、メジナ、トビウオ、マサバ、ゴマサバ、マアジです。

市販の魚醤は、1種類の魚しか使っていませんが、この魚醤は、10種類の魚を使っているので、非常に旨みに富んでいます。

もともと、捨てられる部分を再利用して、新たに調味料に仕上げました。

これを、「一挙両得」、「一石二鳥」と言わずして、何と言えようか!!

これを初めて使用した、料理「ゴーヤー春雨チャンプルー?」のレシピも近く公開予定です。
お楽しみに!!!

因みに前回の記事はこちら、魚醤(ぎょしょう)作りに挑戦中
スポンサーサイト

2件のコメント

[C466] ご来訪有難うございます!

作り始めてから、熟成するまで、少なくとも3年6ヶ月は、掛かりました。商売気がないので、辛抱強く待てました。
これから、味付けの幅が広がります。
  • 2008-09-16
  • 投稿者 : 鎌海豚
  • URL
  • 編集

[C465] ご無沙汰しました

ご無沙汰しています。魚醤上手に作れて流石です。これだけいろいろな魚と買ったのですから味は抜群でしょうね。ご自分でこれだけ作られるのですからすごいことです。普段なら捨ててしまう素材有効に使っているのですからこれは学ばなければならないことです。魚料理楽しみにしています。
  • 2008-09-16
  • 投稿者 : ti1935
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Extra

プロフィール

鎌海豚

  • Author:鎌海豚
  • ご来訪、まことに有り難う御座います。
    福岡在住の自然大好き、自炊暦20?年の男子です。
    釣り、料理、等等日常生活の様々な話題を載せていきます。





    http://ping.blogmura.com/xmlrpc/1gap92b49f51

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる