Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新兵器導入へ

ついに、小回りの利く2号艇を導入することにした。1号艇は、航続力とスピードが出るので、沖合いでの複数人での釣行に、2号艇は船外機を装備して単独での近距離の海、湖、大河川、手漕ぎで中小河川、湖沼と使い分ける予定です。

スポンサーサイト

新たなる舞台へ

本日、某所に出向き、示談交渉の結果説明を受ける。
被害者の私が主張していた賠償金額の99%で妥結した。

完全に、被害者側の勝利だ!!、当初、加害者側代理人の提示した賠償金額とは相当な差額が生じた。
私が、損害賠償請求についての基礎知識を自ら勉強しようとせずに、保険会社側の言いなりであったならこの金額は無かった。

保険会社側の本音としては、持ち出しである賠償金額を引下げるのは常套手段だ。
特に、交通事故被害者の損害賠償請求に関する知識の無さにつけこんで、賠償金額を引下げに掛かる。

これで、果たして被害者救済のための任意保険と言えるのか?

被害者も損害保険会社側の言いなりにならず、自ら知識を得る努力をするべきだろう。

今回の示談交渉では、私自らが、正当に請求できる最大限の賠償金額を算定し、無料で弁護士に相談できる機関を利用した。
戦略、戦術を最大限に駆使して戦った。保険会社になめられてたまるか!!

失業期間も今週で終わる、来週からは新たなる舞台での生活が始まる。

これからのわが人生に幸あれ!!

示談交渉も大詰め

私は平成20年7月に大型自動2輪車ヤマハSRX600を運転中に交差点より出てきた、4輪車に衝突され、55日間の入院生活を余儀なくされました。

怪我が治った後、後遺症が出るかどうか様子を見ながら、事故に関する示談交渉を保留しておきました。

昨年の年末に、退職する事になる様な予感がしたため、退職後の12月に本格的に、示談交渉を開始しました。
今回は、自分の加入している任意保険は使わず、加害者側の任意保険会社と被害者の私とで交渉することにしました。

特に、保険会社側の交渉人は、被害者の無知をいいことに持ち出しを少なくするべく様々な戦術を使い、賠償金額を引き下げようとしてきます。

私は、その事を承知していましたので、自ら損害賠償に関わる知識を勉強し、合法的な最大限の賠償金額を算定し、保険会社側との直接交渉を避け、無料で弁護士が交渉を仲介してくれる相談機関に相談しました。

本日、保険会社側が弁護士の仲裁案を呑んだとの連絡をうけたので明日、仲裁案についての説明を受けてきます。

この賠償金は失業期間中の貴重な収入源になるでしょう、就職内定も決まり、無職生活にサヨナラです。

就職戦線異変あり!?

昨年12月に、自発的失業者になったのだが、不況の折、長期戦を覚悟して、再就職活動に臨んだ。
自己分析から始め、応募書類の作製方法、求人情報の集め方、面接対策など、殆ど1から見直し、用意周到にし、3社応募し、2社から採用内定を勝ち取った。

希望職種は「建設・土木技術者」実際、求人情報を集めていると、案外求人数は多かった。福岡県全域で概ね、200件前後で推移している。
「建設・土木作業員」で求人数を見てみると、福岡県全域で、概ね50~60件戦後で推移している。

対する、応募者数は「建設・土木技術者」では求人件数に対して非常に少なく「売り手市場」の様相だった。
「建設・土木作業員」では、やはり「買い手市場」の様相である。

建設業界は「労働安全衛生法」で就業する為に必須とされる、資格の縛りが非常に厳しい、やはり取得資格数は多い方が有利と実感できた。就職活動であった。

私の場合、20才代前半の林務職公務員から、建設コンサルタント技術員、林業作業員、建設・土木作業員、30歳代後半から40歳代の現在に至るときに建設・土木技術者へとキャリアチェンジを図ったのだが、今回の再就職活動に見事に有利に働いたと思う。

特に「施工管理技士」、「建築士」、「工事士」等の工事施工管理有資格者は「売り手市場」だった。

今週中に内定先を選択して、来週から出社する予定だ。
本当にあっけない「就活」だった。

3年前に「就活」した時よりは、非常に楽であった。

これから、しばらく休んでいた釣りも再開できる。
非常に、楽しい春になった。

家庭裁判所へ

認知症を発症し、閉鎖病棟へ入院した母親の財産管理上必要な、成年後見の申し立て手続きの為、福岡家庭裁判所へ行く、現在失業中につき、時間はあるので助かる。

一人っ子という立場上、介護・看護の問題は不可避だ。

来週からは、再び働くことになるので、時間が取れる今週までだろう。
高齢化した両親の面倒は、私でなければ見れないのだから・・・

父親のダイハツ・ハイゼットトラック(V-S110P)への増大君MAX設置

さて、本日は、昨年12月に父親の 平成8年式 ダイハツ・ハイゼットトラック(V-S110P型) の増大君MAXの配置見直しを行っていましたので詳細を報告いたします。

車外観。
車外観。

父親の 平成8年式 ダイハツ・ハイゼットトラック(V-S110P型)は、EF-NS型SOHC6バルブキャブレター仕様です。

エアクリーナーケース側面。
エアクリーナーケース側面。

エアクリーナーケース正面。
エアクリーナーケース正面。

エアクリーナーケース内部。
エアクリーナーケース内部。

今回装着する増大君MAX カード4枚+セラミック磁石1個仕様 を2セット装着しました。
今回装着する増大君MAX カード4枚+セラミック磁石1個仕様 を2セット装着しました。

増大君MAX配置図。
増大君MAX配置図。

エアクリーナーケース周辺。
エアクリーナーケース周辺。

装着後10分くらい暖気すると排気管より水と水蒸気が噴出してきました。
装着後10分くらい暖気すると排気管より水と水蒸気が噴出してきました。

装着後の排気管の様子拡大。
装着後の排気管の様子拡大。

今回は、キャブレター仕様なので、バッテリー端子を外したリセットは行っておりません。

暖気の後、試乗したらエンジンの低速トルクが増加し、アクセルペダルの開度が少なくなりました。
市川石油様のブログで紹介されている同型車(V-S210P型)と全くエアクリーナケースは同じで、燃料系がキャブレターかインジェクションかの違いだけです。

装着後、ディーラーにて排気ガス濃度測定を行いました所、基準値 CO 1.5+1.0-0.5% HC 900ppm 以下に対し 測定値 CO 0.29~0.31% HC 187~191ppm 以下という数値が出ました。はっきりと有害成分の低下が数値で示されました。燃焼効率は、見事に改善されています。

友人のI氏 エブリィバン への増大君MAX設置

一昨日、I氏本人所有の4代目 エブリィバン(DA52V)に増大君MAXを設置したので報告致します。

車外観 4代目 エブリィバン(DA52V)。
車外観 4代目 エブリィバン(DA52V)。

装着前の排気管の様子 少々水が溜まっています。
装着前の排気管の様子 少々水が溜まっています。

エアクリーナーボックス周辺 F6A型SOHC12バルブEPI-MPI(マルチ・ポイント・インジェクション)仕様で、吸気温センサーが無く、O2センサー1個の仕様です。 3速AT仕様。
エアクリーナーボックス周辺 F6A型SOHC12バルブEPI-MPI(マルチ・ポイント・インジェクション)仕様で、吸気温センサーが無く、O2センサー1個の仕様です。 3速AT仕様。

エアクリボックス内に増大君MAX1セット分を設置しました。
エアクリボックス内に増大君MAX1セット分を設置しました。

装着後の排気管の様子 明らかに装着前より水と水蒸気の量が増えました。
装着後の排気管の様子 明らかに装着前より水と水蒸気の量が増えました。

装着後、2代目 4代目 エブリィバン(DA52V)を試乗したI氏は、変速ショックの低下と低速トルクの増加を体感され、非常に喜ばれていました。

一昨日、2台のスズキ車、友人I氏の奥様の車 2代目 ワゴンR‐RR前期型(MC21S)、I氏本人所有の4代目 エブリィバン(DA52V)に増大君MAXを設置したのですが、2台共非常に顕著に変速ショックの低下と低速トルクの増加が見られました。ATも共に電子制御なので燃費向上も時間の問題でしょう。

私的には、非常に満足できた設置例となりました。追って燃費向上報告も出来ると思います。

友人の ワゴンR‐RR への増大君MAX設置報告

さて、昨日友人I氏の奥様の車 2代目 ワゴンR‐RR前期型(MC21S)に増大君MAXを設置したので詳細を報告いたします。

昨日、近所に住む友人I氏宅へ行った折、雑談していたら、所有する2台の自家用車 2代目 ワゴンR‐RR、4代目 エブリィバン の燃費があまりにも悪いという話を聞いたので、乗って来ていた父親のアルト HA12S前期型 の増大君MAX2個を4代目 エブリィバン のエアクリーナーボックスに装着し、バッテリーターミナルを外しリセットした所、排気管より水蒸気と水を噴出し始めました。
増大君MAXの効果をI氏が実感できた様子でしたので、仮装着した増大君MAX2個を父親のアルトに戻して一旦帰宅し、自宅を探したところ、使用していない増大君MAXが2セット分出てきました。

再び、増大君MAXを2セット分、I氏宅に持参した所、I氏の希望もありまずI氏の奥様の車 2代目 ワゴンR‐RR前期型(MC21S)に装着することにしました。

車外観 2代目 ワゴンR‐RR前期型(MC21S)
車外観 2代目 ワゴンR‐RR前期型(MC21S)

装着前のエンジン回転数 概ね950rpm前後です。
装着前のエンジン回転数 概ね950rpm前後です。

装着前の排気管の様子 少々水が溜まっています。
装着前の排気管の様子 少々水が溜まっています。

エンジンルーム内 K6A型DOHCターボ 4速コラムAT仕様
エンジンルーム内 K6A型DOHCターボ 4速コラムAT仕様。

エアクリボックス内に増大君MAX1セット分を設置しました。
エアクリボックス内に増大君MAX1セット分を設置しました。

バッテリーマイナス側端子も外してリセットしました。
バッテリーマイナス側端子も外してリセットしました。

装着後のエンジン回転数 概ね850rpm前後です、見事に下がりました。
装着後のエンジン回転数 概ね850rpm前後です、見事に下がりました。

装着後の排気管の様子 明らかに装着前より水と水蒸気の量が増えました。
装着後の排気管の様子 明らかに装着前より水と水蒸気の量が増えました。

装着後、2代目 ワゴンR‐RR前期型(MC21S)を試乗したI氏は、変速ショックの低下と低速トルクの増加を体感され、非常に喜ばれていました。

Extra

プロフィール

鎌海豚

  • Author:鎌海豚
  • ご来訪、まことに有り難う御座います。
    福岡在住の自然大好き、自炊暦20?年の男子です。
    釣り、料理、等等日常生活の様々な話題を載せていきます。





    http://ping.blogmura.com/xmlrpc/1gap92b49f51

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。