Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大荒れの大晦日

昨日から、九州北部は大荒れの天気です。上空に大寒気団が流れ込み突風が吹きまくり、非常に寒い大晦日になっています。

今年もあと数時間で、終わりですね。
このブログを訪れてくださった皆様方、大変お世話になり、本当に有難う御座いました。
果たして今年は如何だったでしょうか?

このブログを訪れてくださった皆様方に、来年こそは、よい事がたくさんありますように・・・

それでは、皆様方によい年末と年始を迎えられますように・・・・
スポンサーサイト

鯖節、鯵節

ものの本によると、サバやアジの身を鰹節同様に燻製にしたものらしい・・・
市販の出汁用「削り節パック」の中には入っているのだが・・・
削っていない状態のものは、私は見たことがない。

是非単体の味が知りたい・・・

聖夜です!

ここ、福岡は天候が悪く、生憎の曇り空でした。
愛車の点検を予定していましたが、戦意喪失しました。
夕方に、父と二人で、志賀島の袂にある魚料理店「あじ舟」へ食事に行きました。
雰囲気的には非常によい店でしたが、値段の割には量が少なかったです。

やはり、自炊での量に慣れているせいかな・・・?

それでは皆様方、よい聖夜を!!

リコール

最近、本田技研工業から、船外機リコールの封書が届いた。愛機BF15Dは2002年に購入した、4スト15馬力船外機としては、当時最新鋭のもの、現在は、ヤマハF15Cが最新鋭だが・・・

1987年に船舶免許を取って以来、船を持つならホンダ製船外機にしようと決めていた私、15年の時を経て夢は現実のものとなった。

1980年代、90年代は2スト船外機が主流で、1964年以来4ストのみを生産していたホンダは、異端視されていた、しかし、私は、燃費が悪く、排ガスの汚い2ストは、いずれ廃れると思っていた。

今や、2ストガソリン船外機を生産していた、ヤマハ発動機、スズキ、トーハツも4ストガソリンを生産するようになった。

環境対応型、気筒内直噴2ストガソリン船外機に注力していた、ヤマハさえも4ストに主力を移してしまった。
トーハツは、気筒内直噴2ストガソリン船外機を生産を続行するようだ。
スズキは、4ストに主力を移している。
ヤンマーは、4ストディーゼル船外機、だが2機種と充実していない。

このような、状況を見ていると、ホンダの当時からの先見性に驚かされる。

なつかしの「ポンポン船」

自家用船で釣りに出ても、全く「ポンポンポン・・・」という焼玉機関特有の排気音を聞かなくなって久しい。
最近の小型漁船は、軽油若しくはA重油を燃料とする4サイクル高速ディーゼル機関を搭載している。
大型の商船は、C重油を燃料とする、4サイクル中速ディーゼル機関、2サイクル低速ディーゼル機関を搭載している。
このディーゼル機関という奴は、燃料に対する適応性が広いので、非常に優れものだ。
特に、超大型2サイクル低速ディーゼル機関に至っては、熱効率が50%を超えるという内燃機関中でも最高の部類。

自家用船の4サイクルガソリン機関がどう足掻いたって、勝てっこない。船外機も2サイクルガソリン機関から4サイクル機関が主流になりました。1部4サイクル高速ディーゼル機関もありますが・・・殆ど売れていないようです。何しろ非常に重いのと、機種数が非常に少ないので・・・
conv0171.jpg

佐世保市散弾銃乱射事件

日本で、狩猟用に使用が許可されている銃器は、以下の3種類、空気銃、散弾銃、ライフル銃です。

空気銃は、圧縮空気の力で弾丸を発射する銃で銃身内に施条(ライフリング)があり弾丸を回転させることで、命中精度を上げています。

散弾銃は、火薬の爆発圧で弾丸を発射する銃で、銃身内は滑らか(滑腔)となっています。
銃弾には、鳥、小形獣猟用の近距離で広範囲に散らばる散弾(ばら弾)と大型獣猟用の遠距離まで届く単体弾(スラッグ弾)があります。銃口部には、散弾の散らばる範囲を規制する絞り(チョーク)が多くの場合設けられています。絞りの部分に単体弾の命中精度を高めるために施条(ライフリング)が刻まれている場合もあります。

ライフル銃は、火薬の爆発圧で弾丸を発射する銃で、大型獣猟に使われ、銃身内に施条(ライフリング)があり弾丸を回転させることで、命中精度を上げています。

日本では、狩猟用ライフル銃の所持許可が下りるには、最低10年間の火薬(装薬)銃の所持経験が必要なので、大型獣猟には、散弾銃と単体弾の組み合わせが使用されることが多いです。
散弾銃の口径はライフル銃に比べて大きく、もっと広く所持されている12番口径の場合、18mmと狩猟用ライフル銃の口径7.62mmに比べて2.36倍もあります。

佐世保市散弾銃乱射事件では、容疑者が殺された、水泳インストラクターと同級生に発砲したのは、単体弾と考えられています。単体弾は散弾に比べて殺傷能力は桁違いです。

自家用車冷却水交換、その他諸々・・・

dc092301111.jpg

愛車テリオスキッドCL、1999(平成11)年式、5MT仕様、水冷直列3気筒660ccDOHCライトプレッシャーターボ過給エンジン、インタークーラー無し、フルタイム4WD、リア純正LSD仕様

本日自家用車の冷却水交換を行いました、と同時にラジエーター添加剤「増大君ケミカルX」を投入しました。

1週間前の日曜日、9日にはエアクリーナーケース内の燃費向上トルマリンカード「増大君MAX」の配置変えを行っています。
dc121604_20071216212659.jpg
エアダクト増大君4段W-MAX2個、エアクリーナーケース1次側増大君8段MAX?(磁石2個)仕様1個

dc121603.jpg
エアクリーナーケース2次側吸気口の防護網:ダイソー100円ショップ購入の銅製流し排水口網φ55mmを壁面に合うように変形させ、スポンジ製両面テープで接着

dc121602.jpg
エアクリーナーケース2次側吸気口側に増大君4段W-MAX?仕様1個、他に増大君4段MAX?(磁石1個)仕様1個:全てネットで包んでいます、割り箸アタッチメントの為

dc121610.jpg
「増大君ケミカルX」投入後にアイドリング回転数が低下したタコメーターの様子:メーター読み毎分800回転前後だと思います

dc121611.jpg
約30分間アイドリングした所、排気口から滴る水

dc121613.jpg
排気口内部に溜まる水

dc121617.jpg
アクセル1煽りした後、排気口から流れた水:写真には最大に飛んだ飛沫の跡は入っていません

「増大君」配置変え前、9月~12月の平均燃費は14.326km/L、前期型テリオスキッド5MT仕様のカタログ燃費は16.4km/Lなので、対カタログ燃費比0.873となり、なかなかの結果でしたが、これからはカタログ燃費超えを狙っていきますよ!

意気消沈

とあることで、かなりへこみました。やはり私はKY(空気読めない?)人間か・・・

シイラ

シイラ(鱪、鱰〈魚偏に暑または署〉)は、スズキ目 シイラ科の魚。太平洋・大西洋・インド洋の熱帯から亜熱帯まで季節に応じて広く回遊する海水魚で、主に大洋の表層に生息する。日本では中南部の太平洋沿岸でよく漁獲される。別名、熊引き、万力、万作など。

切り身では、よく見るんだけど・・・
「1尾もの」を入手して、心ゆくまで食べ尽くしたい今日この頃・・・
ただ、英名が「dolphin」なんで、北米に滞在していた時には、「海豚」と誤解されて困りました。
確かに、日本の1部では、海豚を食材にする地方もありますよ・・・

ハワイでいう「マヒマヒ」とはこの魚の事です。

てっさ(河豚刺し)

いよいよ、河豚のおいしい季節に突入しましたね。
河豚の中の王道は、なんと言ってもトラフグですね!
けれども、高価!
そんな時は、庶民の味方、シロサバフグを使うに限ります。
dc0108121.jpg

河豚引き包丁を使えば、素人でも「薄造り」に引けますよ!

胡麻鯖が食べたい!

いよいよ寒くなってきました!
こんな日は、郷土料理の胡麻鯖が食べたいですね。

レシピは、2005年12月4日の記事を見てください・・・
http://kamairuka.blog16.fc2.com/blog-entry-125.html

西京焼き

主に魚を白味噌(西京味噌)に一定期間漬け込んだのち、焼いた料理。

サワラ、マナガツオ、イボダイなどなど、多くの魚に使える調理法です。

レシピの1例は、2006年3月31日の記事を参照してください。http://kamairuka.blog16.fc2.com/blog-entry-256.html

個人的には、非常に好きな調理法です。

愛車テリオスキッドCL燃費向上計画

長らくブログの未更新が続いていましたが、不定期ながら再開いたします。

dc092301111.jpg

愛車テリオスキッドCL、1999(平成11)年式、5MT仕様、水冷直列3気筒660ccDOHCライトプレッシャーターボ過給エンジン、インタークーラー無し、フルタイム4WD

9月~12月の平均燃費は14.326km/L、前期型テリオスキッド5MT仕様のカタログ燃費は16.4km/Lなので、対カタログ燃費比0.873となり、なかなかの結果でした。

購入当初は、平均10km/L、と相当泣かされました。
それを増大君とリング状フェライト磁石をエアクリーナーケース内1次側に設置することにより、ここまで引き上げました。

ガソリン価格高騰が著しいですが、相当、助かっています。

けれども、燃費向上が最近頭打ちになっているので、禁断の2次側設置に踏み切りました。

前期型テリオスキッドは、後期型に比べて、油圧駆動パワーステアリング、排気系O2センサー1個、サージタンク内吸気温センサーと燃費には不利な仕様です。
後期型テリオスキッドは、電動パワーステアリング、排気系O2センサー2個、エアクリーナーケース内吸気温センサーとなっており、後期型テリオスキッドライトプレッシャーターボ、フルタイム4WD、5MT仕様のカタログ燃費は16.8km/Lとなっています。

本日、吸気ダクト入り口にW-MAX1個、エアクリーナーケース側にW-MAX1個、エアクリーナーケース1次側にMAX仕様?2組、エアクリーナーケース2次側に安全対策をした上でMAX仕様?1個、2次側吸気口にW-MAX仕様?1個を設置しました。

バッテリーマイナス端子も外してECUも完全リセットです。
これから、ECUの空燃比学習が進むのが楽しみです。

ブローバイ対策も後期型サクションホースに交換し、エアフィルターケース側の接続部には盲蓋をしました。

「増大君」の詳細については、http://zo-daikun.jugem.jp/

本日の記事では、同型車(H13年式)の増大君設置作業の詳細がUPされていますよ!2次側の安全対策もほとんど同じです。

私の場合は、銅製防護網に加えて増大君MAXを流しネットで包んでいます。アタッチメントを使用せず、割り箸スペーサーで組み立てている為です。

ケミカルXとPWPは、未使用です。
PWP欲しいよー!

Extra

プロフィール

鎌海豚

  • Author:鎌海豚
  • ご来訪、まことに有り難う御座います。
    福岡在住の自然大好き、自炊暦20?年の男子です。
    釣り、料理、等等日常生活の様々な話題を載せていきます。





    http://ping.blogmura.com/xmlrpc/1gap92b49f51

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。