Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雄亀滝橋(おけだきばし)

dc0528761.jpg

dc0528751.jpg


「雄亀滝橋(おけだきばし)」:通潤橋よりも昔に築造された水路橋で、その構造は通潤橋の参考にされたと考えられています。

橋本体に1本の石管が埋め込まれており、現在も現役で農業用水を送水しています。
通潤橋が半ば「見世物」と化しているのに対し、この橋は、静かにその勤めを果たしています。
スポンサーサイト

「通潤橋」

dc0528161.jpg


「通潤橋」:いわずと知れた、日本最大の石造アーチ水路橋です。その知名度から言っても、「緑川水系の石橋群」を代表する存在です 。

初鰹

dc0712021.jpg


ちらほら、店頭にも旬を迎えた、鰹の切り身が並ぶようになって来ましたね・・・
私的には、切り身ではなく、1尾まるごと購入して、刺身、焼き物、味噌漬け、酒盗:内臓の塩辛、たたき、など等「鰹尽くし」を味わってみたいですね!

まだ、味噌漬け、酒盗:内臓の塩辛、たたきは作ったことがないので、今年こそは、挑戦したいですね・・・

3枚下ろしには、難なくできるので、難しくは無いと思いますね・・・

熊本県緑川流域石橋探訪/「増大君MAX」燃費向上テスト

dc092301111.jpg

愛車テリオスキッドCL、1999(平成11)年式、5MT仕様、水冷直列3気筒660ccDOHCターボ過給エンジン、インタークーラー無し、フルタイム4WD

昨夜から、予てから行きたかった、熊本県緑川流域の石橋探訪に、愛車テリオスキッドの燃費向上テストを兼ねて行ってきました。

5月13日にエアクリーナケース内に「穴あきトルマリンカード+ドーナツ状フェライトセラミック磁石」を組み合わせた「増大君MAX」を設置していましたが、通勤には、2輪車を使用しているので、本格的な長距離走行のデーターが取れていませんでした。

今回は、往復に高速道路を80km/h巡航で走行し、変速回転数を1速→2速:2000回転/分、2速→3速:2500回転/分、3速→4速:2000回転/分、4速→5速:2000回転/分に設定しました。

「増大君MAX」を設置した時は、「増大君」20枚を設置して、燃料が少し減っていたので、正確な燃費向上のデーターが取れていませんが、断続的な短距離走行の累計距離が219.2kmでレギュラーガソリン18.18Lを消費し、燃費は12.057km/Lでした。これは、「増大君」20枚と「増大君MAX」との複合データーです。

今回は、全行程「増大君MAX」のみで、走行距離354.4kmに対し、レギュラーガソリン23.45Lを消費し、燃費は15.113km/Lでした。

燃料供給を電子制御噴射方式で行っている自動車に対しては、コンピュータの空燃比制御の学習機能が働きますので、学習期間を与えれば、さらなる向上が望めますね・・・

ノーマル時が大体10km/Lでしたから、50%の向上ですね・・・

「増大君」/「増大君MAX」開発者、祝二郎氏所有のテリオスキッドは、2005(平成17)年式ですので、私のよりは、車重が約10kg程度軽いです。

今回の「熊本県緑川流域の石橋探訪記」は、ウェブサイト「風の大陸」、水辺レポートにアップする予定です。

たすまん氏復活?

本日16時からのスタイルFMの番組「No Doubt」を聴いていたら、懐かしいパーソナリティたすまん氏の声が聴こえてきましたね・・・

約半年振りですかね、お元気そうで何よりでした・・・
たびたびスタジオには、来られていたのは知っておりましたけどね・・・

「薪(たきぎ)/木炭自動車」の復活なるか?

世界的な原油高により、石油製品の高値が続いていますね・・・
所で、日本は第2次世界大戦中には、石油製品を軍需用燃料として優先的にに使用していたため、自動車用燃料のガソリンは、非常に不足しておりました。
そこで、ガソリン車に「薪、木炭乾留装置」を装着して「発生したガス」を燃料として使用していました。当時は、技術は未熟で、坂道に差し掛かると、力不足になり、スピード低下は避けられませんでしたが、現在の技術を以ってすれば、高効率エンジンの設計は充分に可能でしょう・・・
何よりも「木材は、石油とは違い再生産できる資源」ですから、「薪(たきぎ)/木炭自動車」の現代へ復活も悪くないと思いますね・・・

ガソリン単価

福岡市でも原油高騰の影響で、レギュラーガソリン132円/L位になってい
ますね・・・

私の場合は、単独での移動に2輪車を使い、大規模量販店のプリペイドカードを使用することにより、レギュラーガソリン125.1円/Lで給油していますね。

また、所有する、2/4輪車全てに、穴開きトルマリンカードを設置して燃費向上を図っています。

自動二輪車運転免許があれば、4輪車では追いつけない、低燃費車が所有できますよ・・・

マサバとゴマサバ

dc090401.jpg

マサバ 学名Scomber japonicus

dc072401.jpg

ゴマサバ 学名Scomber australasicus

どちらも日本近海に分布するサバの1種。
マサバは、冷水を好み、春と秋に旬を迎えます。ゴマサバは温水を好み、夏と冬に旬を迎えます。調理法はどちらもあまり変わりません。

ブランド魚「関サバ」はマサバ、「清水サバ」はゴマサバですが、どちらも市場では非常に高値が付きますね!

私は、値段の安いゴマサバを多用していますが・・・

久々に料理の話題です・・・

dc052301.jpg


明日の昼食用の弁当です。主食:米飯に卵ふりかけ、おかず:にら、鶏砂肝の卵とじ。

腐敗防止に米飯には、食酢をかけています。

初めて、挽曵馬(ばんえいば)を間近で見ました

本日の最初の仕事は、おが屑を厩舎に運ぶ仕事でした。

荷降ろし先の、福岡県筑後地方の三井郡大刀洗町の厩舎に着いてみると、沢山の馬が飼育されていましたね・・・

よくテレビの競馬中継で見慣れた、サラブレッド種やアラブ種が飼育されている区画に混じって、一回りも、二回りも馬体の大柄な、馬達が飼育されている区画が所々に在りました。

馬体をよく見てみると、蹄や足首が異様に太く、頑丈な体つきをしています、即座に私は、挽曵馬(ばんえいば)と判りました。

挽曵馬(ばんえいば)とは、馬車やそりといった、重量物を牽引する馬です。
北海道では、道営の挽曵競馬(ばんえいけいば)というものがあり、コンクリート製の重りを載せた鉄製のそりを牽引させて競う、競技があり、割合よく見られるのですが・・・

九州では、競馬は中央、地方、全て乗馬しての競技スタイルですからね・・・

挽曵馬(ばんえいば)を間近でみる機会は私は全く有りませんでしたね・・・

隣の区画のサラブレッド種やアラブ種と見比べてみると、まるでサラブレッド種やアラブ種がまるで、愛玩馬のポニー種に見えてきましたからね・・・

正直ぶっ飛びました・・・

一体、桜肉なら何人前あるんだろう?

2輪への穴あきトルマリンカード「増大くん」設置例

dc052109.jpg

オフロードバイク、スズキ ジェベル200
空冷単気筒、SOHC2バルブ、199cc、エンジン

dc052101.jpg

エアクリーナケース内部、スポンジがエアクリーナーエレメントでエンジンオイルを含ませて使用します。「湿式」という形式でエアクリーナーエレメントは洗浄して繰り返し使用が可能です。

dc052102.jpg

2本の吸気ダクトに5枚積層「増大くん」×2セット設置

dc052108.jpg

オンロードバイク、ヤマハ SRX600
空冷単気筒、SOHC4バルブ、608cc、エンジン

dc052105.jpg

エアクリーナケース内部、白い所がエアクリーナーエレメントです。「乾式」という形式でエアクリーナーエレメントは、交換が原則です。

dc052107.jpg

下に6枚積層「増大くん」上に4枚積層「増大くん」の合計10枚設置です。

本日、バイク2台に穴あきトルマリンカード「増大くん」を設置し直しました。2台とも空冷単気筒エンジンなので燃費性能はそれぞれ30km/L:スズキ ジェベル200、20km/L:ヤマハ SRX600と非常に優れているのですが、完全燃焼による排気浄化のため設置し直しました。

因みに、キャブレター仕様のため、燃費向上はあまり期待していませんが、トルクアップには、期待できそうですね・・・
セラミック磁石は追加装備していない、「増大くん」仕様です。

単気筒エンジンは、多気筒エンジンよりは、低速域のトルクが非常に太いので、燃費は非常に優れていますね。


夜の志賀島入り口自販機ライダー集会

夜の志賀島入り口自販機ライダー集会に参加してきました。

やはり、ツアラー系大排気量車が非常に多かったですね・・・
私は、オフロード車スズキジェベル200で参加しましたので、高速走行は辛かったですね。

結構ハプニングがあって、楽しかったです。

「増大くん」応用編

conv0171.jpg

愛艇の船外機付きインフレータブルボート(ゴムボート) アキレス FMW-335+ホンダBF15D
上側:運搬時、下側:使用時


テリオスキッドに装着していた、「増大くん」をMAX化し、ヤマハSRX600に装着していた分を減らしたので、余剰、「増大くん」がかなり出てしまいました。

私は、自家用船も所有しておりますので、船外機ホンダBF15Dに装着を考えております。
船外機の場合は、エアクリーナケースはなく、気水分離器内に装着する事になりますね。

使用する環境が水上ですから、空気中に水分は多量にある訳でして、燃焼効率は格段に向上するでしょうね・・・

2輪車への穴あきトルマリンカード設置上の注意点

私は、スズキ ジェベル200、ヤマハ SRX600の2台の2輪車を所有しており、それぞれに燃費対策として、エアクリーナーケース内に穴あきトルマリンカードを設置しております。

ここで、注意点を挙げておきます。

スズキ ジェベル200には、現在10枚設置しておりますが、別にエンジンのアイドリング回転数が不調になるようなことはありませんでした。

しかし、ヤマハ SRX600は、4枚設置時は、何の不具合もありませんでしたが、10枚設置したところ、時々アイドリング回転数が不調になりエンジンが停止する症状が数回発生しました。

これは、燃料供給を気化器で機械的に行っているためと思われます。トルマリンカードは、吸入される空気をマイナスイオン化すると共に、空気中の水分を電気分解し酸素ガス、オゾン、水素ガスを生成させ、シリンダー内を希薄燃焼の状態にする作用があります。そのため、アイドリング回転数が低下しますが、私の事例は、カード枚数を増やし過ぎた為、アイドリング回転数が不調になったと思われます。

そこで、カード枚数を6枚に減らし、様子を見ております。
ヤマハ SRX600は、低速用、高速用の2つの気化器を備え、回転数によって、最適な作用をするように設定されております。また、1シリンダーエンジンの為、燃費は、多シリンダーエンジンよりももともと良いですね・・・

まだまだ、ヤマハ SRX600に最適なカード枚数を見つけるには、試行錯誤が必要でしょう・・・

ヤマハSRX600無事帰還

フロントフォークよりオイル漏れを起こしていた為、修理に出していた、ヤマハSRX600無事が帰還して来ました。

燃費性能が、市街地走行で20km/Lと非常に宜しいので、ガソリン価格が高騰している現在は、大助かりです。

これが、1000cc超級になると、燃費性能は、10km台/Lになりますから、辛いですね・・・

私の燃費対策



愛車のモーターサイクル2台
左側 ヤマハ SRX600、右側 スズキ DJEBEL 200

dc0206137111.jpg

愛車の軽4輪自動車 ダイハツ テリオスキッド、660cc DOHCターボ過給エンジン、5MT仕様、フルタイム4WD、センターデフロック、リヤ機械式LSD装備

私ラグの場合は、ガソリン価格高騰(こうとう)のため、移動手段を軽4輪自動車から、2輪車に変えました。2輪車自体は、600cc:ヤマハSRX600、200cc:スズキDJEBEL200の2台を所有しております。

軽4輪車:ダイハツテリオスキッドも1台所有しておりますが、単独での移動が多いので、燃費のよい2輪車は大助かりですね・・・
大体、所有する軽4輪車の2倍から3倍は良いですね・・・

また、2輪、4輪ともにエアクリーナーケース内に、穴あきトルマリンカードを積層(せきそう)して装着し、燃費向上をはかっています。おかげで軽4輪車は、長距離を走る際には、30~40%燃費向上が確認できています。

「増大くんMAX」ドライビングインプレッション

昨日、自家用4輪車 ダイハツ テリオスキッド5MT仕様に、「増大くんMAX」1セットを装着し、実際に走行してみました。

明らかに、エンジンの低回転域のトルクが増大しているのが実感できました。
おかげで、ノーマル時は、ノッキングするような低回転域でも、高速ギヤで加速できるようになっています。高回転域は、ターボチャージャーが作動するので、問題なく加速できますが、ゆっくりと加速しているので、燃費にはよろしいかと思いましたね。

テリオスキッドのエンジン仕様は、660ccDOHCターボ過給エンジン、インタークーラー無し、でレギュラーガソリン仕様です。

一般的にDOHCターボ過給エンジンは、ノッキング対策のため、ハイオクタンガソリン仕様が多く混合気を濃くしてガソリンの気化潜熱によるエンジン冷却を行うので、燃費は非常に悪くなります。

ところが、「増大くん」、「増大くんMAX」は、吸入空気をあらかじめマイナスイオン化し、また空気中の水分を電気分解し、、酸素ガス、オゾン、水素ガスを生成させますので、結果的に、シリンダー内は、希薄燃焼状態になります、そのおかげで、燃費は、非常に良くなりますし、高価なハイオクタンガソリンを使わなくて済む様になりますしね・・・

また、完全燃焼しますので、排気ガス中の有害物質も大幅に減少します。

奇遇にも・・・

本日、出かけ先の帰りに、行きつけのバイク店に寄ってみると、ヤマハXJR1300とヤマハV-MAXに乗るライダーが話しかけてきたので、談笑していると、実は、前の勤務先で非常に世話になっていた、会社の人でした。

他には、ヤマハV-MAX、ホンダCBR954に乗る夫婦ライダーも登場したりと非常に有意義でしたね・・・

修理に出していたヤマハSRX600も部品が到着していましたので、まもなく帰って来そうですね・・・

穴あきトルマリンカード「増大くん」

dc021104.jpg

4輪車3台、2輪車2台に装着される、積層「増大くん」

dc051401.jpg

積層「増大くん」にセラミック磁石を追加した 、「増大くんMAX」

dc051402.jpg

私の4輪愛車、テリオスキッド、エアクリーナーケース内の装備例

dc051403.jpg

燃焼効率改善の証拠、排気管より水が吹き出しています。

原油価格高騰により、ここ福岡でもレギュラーガソリン、1㍑132円位になっていますね。
私は、燃費対策として、今年2月より、父親の所有車、スズキ アルトセダン5MT FF仕様、ダイハツ ハイゼットトラック5MT パートタイム4WD仕様、私の所有車、スズキ DJEBEL200、ヤマハSRX600、ダイハツ テリオスキッド5MT フルタイム4WD仕様のエアクリーナーケース内に穴あきトルマリンカード「増大くん」を積層して装着しています。

2輪2台は、もともと燃費は、30km台/L、20km台/Lなのであまり効果は実感できてはいませんでしたが・・・4輪のダイハツ テリオスキッド5MT フルタイム4WD仕様は、装着前が10km台/Lだったのですが、装着して長距離走行を行うと、13km台/L、14km台/Lとはっきりと効果を実感できています。

本日は、以前注文していた、セラミック磁石が届いたので、「増大くんMAX」仕様に改良しました。

以前装着していた20枚積層「増大くん」を分解し、4枚積層「増大くんMAX」仕様×2をエアクリーナーケース内に装着しました。

装着後暫くして、排気管より水が吹き出し、燃焼効率改善が証明されました。
これからの燃費向上が楽しみです!

「蒼い世界」の住人

私は、時々、「大気圏」と「水圏」という、2つの「蒼い世界」の住人となる事がある。
「飛翔能力」と「潜水能力」を兼ね備えているからこそ、出来るのだ!

勤務帰りに、私の潜水の師匠、T嬢と話していたら、「近年のダイバー技量低下は著しい」との話が出た。
話の中では、「耳抜き」が満足に出来ないダイバーやシュノーケルが使えないダイバーの話が出ていた。
こういった、「自立できないダイバー」を粗製濫造していったいどうなるというのだ?
「バディシステム」は、お互いに各々が「自立できるダイバー」同士だからこそ機能するのではないか?

「バディシステム」を「仲良しごっこ」と勘違いしているインストラクターがあまりにも多いのではないのかな?

スキューバ潜水は、あくまでも「生命の危険性があるスポーツ」だという認識を新たにして貰いたいものだ・・・

因みに、「航空機の操縦士」の訓練課程では、「単独飛行」の時間が必ず設けられており、否応なしに「自立心を身に付けさせ」られるのだよ・・・

キョウチクトウ

dc061204.jpg

盛夏に、可憐な花を咲かせる常緑高木、美しい花とは裏腹に、猛毒を植物体全てに隠し持つ、「美しき花には、毒がある」ってか?

芋焼酎のこぼれ話

芋焼酎の大生産地といえば、鹿児島県と宮崎県南部です。ただ、アルコール度数に差があります。鹿児島県で主流なのが、25度、宮崎県南部で主流なのは20度です。

全国的には、25度の芋焼酎が売られていますが、20度の芋焼酎が好きな方は、宮崎まで行って買われているようですね・・・

命の儚さについて思うこと

私は、趣味としては、事故が起こる危険性の高い事、を好んで行っているので、事故死の危険性は、常に付きまとっている。

例えば、「飛行機の操縦」、「船の操縦」、「オートバイ運転」、「スキューバ潜水」といったことである。

だからこそ、「独身で居る事」が必要なのかも知れない・・・

ウエットスーツ購入

6日土曜日に、出来上がっていた、ウエットスーツを受け取りに行った。
何しろ、スキューバ潜水資格取得の為に、海洋実習で、福津市津屋崎町恋の浦、の海に潜ったのは、3月5日の事だった。
しかもウエットスーツでだ、他に、海洋実習に来ていた、他のショップは、全員ドライスーツだった。

やはり、私が資格を取得したショップ「アワーズ」の訓練内容は、かなり高度な様だ。

これから、水温は高くなるので、スキューバ潜水もやり易くなるだろう。
まして、私の持つ、自家用船と組み合わせれば、行動範囲はますます、広がるな・・・

鮮魚売場にて・・・

本日午前中、行きつけのスーパーにて、鮮魚売り場で、ゴマサバが1尾138円だったので、迷わず2尾購入しました。ゴマサバを品定めしていたところ、一見主婦らしき、女性に「これは、お刺身で食べられますか」と質問されました。

私は、迷わず「勿論、食べられますよ、但し、マサバより、実が軟らかいですから、身割れは、し易いですよ。そして、寄生虫アニサキス予防のため、ワサビは強く利かせて下さいね」と答えました。

質問者は、少しばかり驚かれた様子でした・・・
鮮魚売り場の人は、一般的に、客に対して、ゴマサバを刺身やしめ鯖に調理できるとは、言いませんからね。

確かに、身割れはし易いですが、自分で調理して食す分には、全く気に成りませんからね・・・
むしろ、マサバより、単価が安いですから、私は多用しています。

さて、帰宅すると、2尾とも3枚下ろしにし、塩締めにする、後ほど、酢締めにし、「しめ鯖」にする予定、頭、内臓、中落ちは、細かく切り刻み、人参、もやし、わかめと煮込み、味噌汁にしてしまう。

「魚を1尾丸ごと」無駄なく味わう、これも私の料理の真髄です。

最近の家庭には、出刃包丁がない家庭が多いようですが、これでは、魚1尾丸ごとをさばいて、調理するのは難しいでしょうね・・・




都城、霧島ツーリング その2

dc050411.jpg

ずらりと並んだ、炭窯の列線。

dc050413.jpg

炭材を立て込み中の炭窯。

dc050414.jpg

炭化中の炭窯。

dc050415.jpg

採取し貯蔵されている、木酢液(もくさくえき)。

dc050418.jpg

土産を買いに寄った、道の駅「都城」。

dc050419.jpg

道の駅「都城」の外観。

dc050422.jpg

中では、木酢液(もくさくえき)が販売されていました。

dc050423.jpg

都城盆地の名産、「都城茶」です。

2日目、4日は、起床すると、北諸県郡三股町に移動し、私がかって働いていた、山林現場の林道をオフロードバイクで走りまわりました。
最初は、舗装路向きのタイヤを装着していた、K氏のバイクはゆっくり走っていましたが、直ぐにグリップすることが解ったK氏は、スピードを上げ、久しぶりの林道走行を楽しまれていました。

何しろ、純粋な社用林道ですから、休業している期間は、対向車の心配なく走れましたね。

3時間ばかり、林道走行を楽しんだ後、私がかって働いていた林業会社の炭窯を見学しました。
「林業」という産業には、主流の針葉樹のスギ、ヒノキを中心とした用材生産の他に、広葉樹のナラ、カシといった、薪炭材生産という分野もあります。

私が、かって働いていた林業会社は、社有山林で用材林産をする他、木炭生産も積極的に行っています。

数年ぶりに訪問しましたが、現在も7基の炭窯は、現役で稼動し、もうもうと白煙を上げていました。
炭焼きの煙を冷却すると「木酢液(もくさくえき)」という茶褐色の液体が採取されますが、戦時中は、染料原料として「酢酸石灰」の製造に盛んに使われました。
ここ数十年は、農業用土壌改良資材、農薬添加剤、ごく最近では飲料としての需要がありますね・・・

K氏はデザイン関係の仕事柄、デッサンで木炭を使われていたとの事、木炭を生産する「炭焼き」には、興味津々のご様子でした。

昼食の後、バイクを軽トラックに積み込み、帰路に着きましたが、土産を買いに寄った「道の駅 都城」では、「木酢液(もくさくえき)」がペットボトル入りで販売されていました、店主は、なんと私が働いていた林業会社から、「木酢液(もくさくえき)」を仕入れているとの事。
初めて、製品として販売されている姿を見ましたね!

今回使用した、軽トラックには、穴あきトルマリンカード「増大くん」が10枚エアクリーナーケース1次側に装着されています。
高速道路80km厳守走行で燃費は、行きが16.080km/l、帰りが16.292km/lでした。
乗員2名を含み、300kgは積載してのこの燃費、非常によろしいと思いました。
ガソリン価格高騰の現在、燃費向上手段として、穴あきトルマリンカード「増大くん」はお勧めですね!
詳細は、こちらのサイトへ

http://yorutono.jugem.cc/?cid=3

都城、霧島ツーリング その1

dc050410.jpg

宮崎県都城市関之尾の駐車場にて、軽トラックに積載状態の2台のオフロードバイク。

dc050407.jpg

霧島温泉郷丸尾の案内板。

dc050402.jpg

今回、入浴した銭湯「カジロが湯」。

dc050403.jpg

駐車場には、足湯が・・・

dc050404.jpg

生垣のツツジも満開でした。

5月3・4日の両日、ライダー仲間K氏と都城、霧島ツーリングに行って来ました。K氏とは、昨年、大型自動二輪車免許取得時に、教習所で知り合いました。免許取得後、意気投合し、2人揃って、ヤマハ SRX600というバイクを購入しました。
今回は、ヤマハSRX600購入以前から所有している、スズキ ジェベル200(私)、カワサキ スーパーシェルパ(K氏)という2台のオフロードバイクを使用しました。

3日早朝に、私の自宅近くの駐車場でK氏と待ち合わせ、K氏のバイクを私の父親から借りた軽トラックに積み込み、一路、宮崎県都城市に向けて出発しました。
九州縦貫自動車道は、途中広川IC付近で事故渋滞がありましたが、他は概ね順調に走行できました。北熊本SA、えびのSAの2箇所で休憩しましたが、ツーリング客は、排気量1000cc以上の大排気量車が殆どで、私達のような小排気量車は、見かけませんでしたね・・・

今回の主目的は、私がかって働いていた、山林現場の林道を走ることでしたので、オフロードバイクを使わなければ、無理でしたが・・・

都城市に到着すると、翌日走る林道の下見をし、甌穴と滝で有名な、関之尾の駐車場に軽トラックを停め、2台のバイクを下ろし、えびの高原に向かって、出発しました。
霧島連峰に向けての山岳路の横には、ツツジや標高が高いところでは、サクラが未だに満開でしたね・・・

えびの高原には初めて行きましたが、行楽客が多かったですね・・・
ツーリングのライダーも大勢で、様々なバイクを見れました。
帰りがけには、霧島温泉郷丸尾で入浴し、関之尾で再び、軽トラックに2台のバイクを積み込み、都城市に投宿しました。
その夜は、K氏と酒を酌み交わしながら、「バイク談義」に花が咲いたのは、言うまでもありません。

ブログ更新1時休止

明日より、旅行準備のため更新を1時休止します。

Extra

プロフィール

鎌海豚

  • Author:鎌海豚
  • ご来訪、まことに有り難う御座います。
    福岡在住の自然大好き、自炊暦20?年の男子です。
    釣り、料理、等等日常生活の様々な話題を載せていきます。





    http://ping.blogmura.com/xmlrpc/1gap92b49f51

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。