Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌海豚流年越しそばの作り方

ここでは、私流の温かいそばの作り方について書いて見ます。
私は、過去に数々の「麺どころ」といわれる地域に在住した経験があります。

松江市:出雲そば、兵庫県香寺町:播州そうめん、奈良県五條市:三輪そうめん、徳島県木屋平村:祖谷(いや)そば、半田そうめん、たらいうどん、北九州市小倉北区:焼きうどん、福岡市:博多ラーメン、長浜ラーメン、博多うどん
と以上の地域になります。また、在住してした地域ではありませんが、香川県下全域の讃岐うどん、久留米市の久留米ラーメン、佐賀県神崎町の神崎そうめん、長崎県島原半島の島原そうめんは、食べた経験があります。
そばについてなんですけれども、大学生時代は松江市のそば店でアルバイトをしていたので元々「そば好き」ではあったんですが益々輪をかけて「そば好き」になりましたね・・・「出雲そば」の麺の特徴は、脱穀しない「全粒製粉」というそば粉を使いますので、麺が色黒です。多くの「そば処」では、脱穀して粉の選別をしますから麺が色白な物が多いです。
出雲独特の食べ方といえば割子(わりご)そばと釜揚げそばにつきます。
割子そばは三段の丸い漆器に盛られたそばに好みの量の薬味とそばつゆをかけて食べます。
釜揚げそばは、あらかじめ暖めておいたどんぶりにそばを移し、そば湯を注ぎ込む。あとはそばつゆと薬味を好みの量かければ良い。ビタミン、ミネラルなどがそば湯には溶けだしているので栄養価も抜群です。

以下の写真で私流の「年越しそばの作り方」について解説していきます。



まず、鍋に出汁取り用のかつお削り節と具の乾燥わかめを入れておきます。

dc123002.jpg

私は、保存性の良い乾麺を使います。

dc123003.jpg

大型の鍋にたっぷりと湯を沸騰させ、そばを4分間位ゆでます。

dc123004.jpg

ざるにそばを空け下に、出汁取り用のかつお削り節と具の乾燥わかめを入れた鍋をおきます

dc123005.jpg

湯きりした、そばを水で急冷し表面を締めます。

dc123006.jpg

そば湯で出汁が取れた、鍋を火にかけ温めます。醤油を好みの量入れて味を整えます。私的には、九州の「甘口の醤油」より関東系の「濃口醤油」のほうが好みですね。

dc123007.jpg


ゆであげたそばをつゆの中に入れて温めると完成です。この作り方は出雲での「釜揚げそば」の作り方を私なりに応用したものです。ビタミン、ミネラルなどがそば湯には溶けだしているので栄養価も抜群です。

あと数時間で2005年も終わりですね・・・
今年最後の「ブログ」にふさわしい記事になったのではないでしょうか?
これからもこのブログ上では「特に分野を決めず」に管理人の興味のおもむくままに「さまざまな記事」を書いていこうと思っています。
このブログを閲覧してくださった皆様方、今年は本当にお世話になりました!
来年が皆様方にとって「幸多き年」であらんことをお祈り申し上げます!
それでは、皆様方!「良いお年をお迎え下さい!」
スポンサーサイト

三徳包丁、柳刃包丁、冷凍包丁

これも私が愛用している包丁の1部です。


三徳(文化)包丁:3つ共ステンレス鋼製。
家庭で主に使われている万能包丁で肉、魚、野菜と切る対象をあまり選ばない包丁です。
dc0710311.jpg

上:柳刃 下:冷凍包丁
2つ共ステンレス鋼製。柳刃は、刺身包丁の1種で主に関西圏で使われてきた物、従来、関東圏で使われてきたのは、蛸引でしたが、最近は全国的に柳刃が主流になってきている。刃先が非常に鋭いので、よく事件の凶器になっている。刃が菖蒲の葉に似ているので「正夫(しょうぶ)」の異名もあります。
冷凍包丁は、冷凍した肉や魚を切るときに使うもの、波刃になっていて鋸の様に使います。
dc0719101.jpg

柵に取ったウルメイワシ上半身を柳刃で刺身に引いている所です。柵の身幅が狭いので、刺身包丁を使わず三徳(文化)包丁でも引けると思います。

本日の弁当




本日の弁当は、昨日に引き続き、「ゆかりご飯」、おかずに「キャベツのサラダとしめ鯖の刺身」という組み合わせでした。
弁当のおかずに「刺身」とは「意外」とお思いの方も多いかと思いますが、「食酢」で長時間「締めて」おけば、思いのほか、「保存性がよくなります」夏は「塩と食酢」で1週間くらい「締めて」おけば、2日位は保存できます。この場合、ご飯にも「食酢」を少し混ぜておけば、「食中毒の予防」にもなりますし、発汗によって失われた塩分の補給にもなります。
冬は、「食酢」だけで、1週間くらい締めておけば、2、3日は大丈夫ですよ!この様に「食酢」を活用すれば、「弁当屋で買えない、意外性に富んだメニューの弁当」が楽しめますよ!

皆様もお試しあれ!

大出刃包丁、小出刃包丁



上:小出刃(鯵切り)(刃長10.5cm:3寸5分)
下:大出刃(刃長21cm:7寸)
どちらも魚を捌くときに使う包丁。小出刃はステンレス鋼製の家庭用、大出刃は鋼と軟鉄の鍛造品で本職の板前用。
大出刃は、現在の職場(産業廃棄物処分場)に「ごみとして持ち込まれた物」を刃を研ぎ直して再利用している。まともに購入すれば、1万円以上はするだろう・・・後日、ふぐ引き刺身包丁を購入した、博多上川端商店街横田金物店にて調べたところ、大出刃(刃長21cm:7寸)18600円でした、やはり予想通りでしたね
dc0712051.jpg

大出刃は、カツオ成魚、メジマグロ(クロマグロの幼魚)クラスの魚体を捌くときに使用。写真は、カツオ成魚を解体している所。季節によっては、クロマグロの刺身が市価の数万分の1という信じられない価格で出来ますよ!ここ、福岡では、メジマグロ(クロマグロの幼魚)が1尾400円で売られている事もしばしばありますから・・・
因みにマグロ成魚(クロ、ミナミ、キハダ、メバチ、ビンナガ)の解体には、家庭での解体は、まず無理で専用の解体包丁(薙刀の様な形をしている)を用い、鮮魚市場や漁船上で解体することが多い。
dc0717161.jpg

小出刃(鯵切り)は、サバ、アジ、アイナメ、カサゴ、ベラ等の小魚を捌くときに使用。写真は、マアジ成魚を解体している所。魚料理を得意とする私にとっては、最も使用頻度の多い包丁ですね!¥^^¥

20日ぶりに弁当を作りました!



中華鍋の中の焼きビーフン
dc122702.jpg

明日の昼食用の弁当

本日で、一応通院治療は終了しました。
明日からは、30日まで、仕事に復帰します。ということで、12/7以来、作っていなかった。弁当を20日ぶりに作りました!

主食は、白飯に、赤紫蘇ふりかけをかけた通称(ゆかりご飯)、おかずは、茄子、チシャの焼きビーフンを作りました。
茄子、チシャという組み合わせは初挑戦です。

ビーフンをお湯につけて6分間戻し、ざるで湯きりします。
茄子とチシャを適当に切って、油を引いた中華鍋で炒めます。その後にビーフンを入れ、味付けに「焼肉のたれ」を少々入れて、蓋をして数分おきます。水気が無くなれば、出来上がりです。

私は、断続的ではありますが「完全に近い自炊生活」をもう19年近く続けています。弁当作りなどは、「手馴れたもの」です。

果たして、「モーニングミミ」に登場する、米田食造氏の「お口に合います」かな?^^;

私は、炒め物、揚げ物、焼き物とかには、鉄製中華鍋、フライパンを使っていますね。最近はやりのアルミニウムにフッ素系の表面加工した、中華鍋、フライパンは使いません。鉄分が補給できずに貧血になりますからね。鉄製調理器具を使うと、鉄分補給が「自然にできます」から貧血になりにくくなります。

皆様もお試しあれ!

ムラサキハシドイ

dc042401.jpg

何のことはない英名「ライラック」の標準和名です。

学名 Syringa vulgaris、和名 ムラサキハシドイ、英名 common lilac
別名 リラ、科名 モクセイ科、属名 ハシドイ属、性状 落葉低木

原産地が東欧のため、冷涼な気候を好む樹木です。日本では北海道に移入され、よく道内で見られますね。個人的には薄紫色の花がとても好きな樹です。

今まで、このブログ上では、植物写真を取り上げていませんでしたね・・・そこで今後、取り上げることにします。乞うご期待を!

一般的に、ガーデニング愛好家とか、園芸愛好家の間で使われる植物名は「英名」とか「品種名」とか、「流通名」の「横文字名」であるため。「普通の人々」には、むしろ「わかり難い」のが現状ですね。「学名」は「全世界共通の生物種名」であり国際的にも「単一の命名法」が確立しているので、「分類学的な位置」がすぐわかります。また、標準和名は、「日本語での標準的な生物種名」のため、「全国で通用すること」が前提の「生物種名」です。

今後、このブログで生物種名を扱うときには「学名」と「標準和名」を基準に考えていきたいと思います。

鉈(なた)3種類

dc122501.jpg

上より角鉈片刃16.5cm、剣鉈両刃24cm、角鉈両刃24cm

私は、大学で「林学」を修め、過去に「林業」に従事していた経験があります。
「林業」の現場では、鋸(のこぎり)、斧(おの)、鉈(なた)、鎌(かま)といった各種の刃物が使われ、しかもそれらの「切れ味」が仕事の能率を左右する「重要因子」となっています。

本日は、私がその現場で使用してきた、鉈(なた)について書いてみたいと思います。各地方により様々な形がありますが・・・
私が現在所有しているのは、角鉈片刃16.5cm、剣鉈両刃24cm、角鉈両刃24cmの3種類です。
角鉈は、林業にとどまらず、「山菜取り」、「きのこ取り」といった山に分け入る人々には広く愛用されています。刃のつけ方により「片刃」、「両刃」がありますが・・・
「片刃」は「物を削るときの対象物への喰いこみの良さ」が特徴ですが、「使用者の利き手」により「刃付けの方向性」が異なりますので、購入時には注意が必要です。また、「物を割る」用途には全く不向きです。
「両刃」は、「使用者の利き手」による「刃付けの方向性」には関係なく使用できますが「切り付ける時の角度」によっては、「対象物より弾かれる」ことがありますので注意が必要ですね。「物を割る」用途には非常に向いています。
角鉈両刃の中には先端部に突起を設け、「薪割り」の時の「刃こぼれ」を防ぐようにした「石突き鉈」や同様に先端部に突起を設け、通常の角鉈より長い柄を付け、両手で使えるようにした「ひつ鉈/海老鉈/柄鎌」といったものもあります。

剣鉈は、主に狩猟に従事する人々が獲物の「解体」や「とどめ刺し」といった用途に用いるため、鋭く尖った先端部を持つことが特徴です。
刃のつけ方により「片刃」、「両刃」があります。各地方により様々な形がありますが・・・「ナガサ(片刃):秋田県下」、「ヌイ刃(両刃):福井県下」が代表例です。
剣鉈だけに見られる特徴として、「袋柄(柄の部分を地金で中空のパイプ状に整形したもの)」があります。「フクロナガサ(片刃):秋田県下」、「フクロヌイ刃(両刃):福井県下」が代表例です。「半矢(はんし):銃弾や矢が急所を外れ、手負いとなった状態」で逆襲してくる獲物に対し、「とどめを刺す」ために「槍(やり)の穂先」としての転用を意図しています。中空の柄に適当な棒を差し込み、目釘を打てば直ちに「槍(やり)」が完成します。

和式の鍛造刃物全体の特徴として、硬い「鋼(はがね)」と軟らかい「地金(軟鉄)」を組み合わせ「複合材」とした刃体があります。このため水を使った「急激な焼入れ」にも刃体がひび割れることなく、「高い硬度と耐磨耗性」を得ています。

欧米式の鍛造刃物は、単一鋼材のため「急激な焼入れ」が出来ません、その為「油を使いゆっくりと焼入れ」します、その結果、硬い刃を得られず、和式鍛造刃物に比べ「切れ味」は劣ります。

また、鉈や刀剣といった、長い刃体の刃物は、「叩き切る」様な激しい使い方を前提としています。単一鋼材からなる欧米式の鍛造刃物は、「焼入れを甘くする事」で衝撃による刃こぼれ、折れなどのダメージを回避します。
しかし、和式の鍛造刃物は、軟鉄に鋼を抱かせた「複合材」ですから、「耐衝撃性に優れる」だけでなく、研ぎ方次第では、「鉈で刺身を引ける」様な優れた「切れ味」を示します。

こうして見れば、和式の鍛造刃物全体の頂点として「日本刀」が全世界の収集家達から「評価が高い」のも「当然の様」な気がします。

この様に全世界的に見ても「優れた刃物文化の伝統」をもつ日本ですが、昭和30年代に吹き荒れた「刃物追放運動」によって「小学校低学年の子供達に多少の怪我を経験しながら刃物を安全に使う事を学ぶ機会」を失わせた事は「愚挙(ぐきょ)以外の何物」でもありませんでした。「刃物は安全に使うべき物」なのに「刃物その物が危険」だと短絡した訳です。

そのツケは既に出ています。「小学校高学年どころか、高校生になっても、刃物でまともに鉛筆が削れないとか、20歳代のOL達が箸を上手に使えず先割れスプーンで弁当を食べているとか」の事例に表われています。要するに「若者全体の手先の器用さが退化してきている」んです。
また、喧嘩において躊躇(ちゅうちょ)なく「刃物を対人使用する」若者の出現といった事態にも「刃物を使用する際の安全意識」や「命の尊厳に対する理解の欠如」といった事が「象徴」されている気がします。

現在でも、成人すれば、包丁、鋸、鉈、鎌、斧、鋏といった各種の刃物を使う機会は必ず生じます。それに際して使用者本人が「刃物を安全に使う事」を学んでいなければ「怪我の危険性」は「増大」します。また、「刃物を手で取り扱う」事は「思考能力の発達」にも繋がってきます。

近年の若者に見られる「思考能力の低下」にも「小学校低学年の子供達に多少の怪我を経験しながら刃物を安全に使う事を学ぶ機会」を失わせた「ツケ」が出ていると私は感じています。

最も、最近では「軍隊で刃物を使った対人殺傷の訓練を受けた経験のある」外国人が大量に日本に流入していますから、彼らに対抗するためには「刃物を使った対人殺傷の訓練を受ける必要性がある」と個人的には感じていますが・・・^^;

私自身は、幸か不幸か、「自炊」とか「林業」で「刃物の安全な使用法」を「不完全ながら学ぶ機会」を作ってきたので「研ぎ方」も含めて、一応「刃物を使え」ますが、一般的な同年代の人々が果たして「刃物を安全に使える」かというと「疑問を持たざる」を得ませんね。

「現在の私」にしたって「技量不足を感じている」のが実情ですから・・・それだけ「刃物の使い方」は「奥が深い」って事ですけど・・・

月曜日「ボナペチ」中「情報ラウンジ」のあり方について物申す

FM-mimi 昼の看板情報番組「ボナペチ」でつい最近、私が体験した出来事です。

「ボナペチ」には、月曜日と木曜日に「情報ラウンジ」という地域の情報紹介のコーナーがあります。それぞれ月曜日担当西村なつ嬢、木曜日担当じぇにふぁ嬢は、番組中で「紹介する事を前提」に「リスナーからの情報提供」を呼びかけられておられます!

私は「リスナーとして」それを受けまして、12月5日、12月12日、12月19日の都合3回「情報提供」を行いました。何れも、西村なつ嬢担当の月曜日です。結果は12月5日、12月12日、12月19日の「情報ラウンジ」のコーナーでは紹介されておりません。

12月12日は、リアルタイム視聴していたので、西村なつ嬢に「個人の見解を質すメール」を送信したところ、「情報有難うございました。来週以降、利用させて頂きます。」という返信がきました。

12月19日に送信した「情報提供メール」にも「これまでの経緯も踏まえて注意する言葉」を入れていたにも関わらず「情報ラウンジ」では無視されたので、こちらがまた、西村なつ嬢に「個人の見解を質すメール」を送信したところ、やっと「番組後半で一部紹介されました」からね、しかも「それについての謝罪は一切無し」でした。番組終了後にスタッフから「番組内容・放送運行の都合上、必ずしも頂いたすべてのメールをご紹介できないのが現状です。」という文面の返信を頂きましたが・・・「西村なつ嬢、個人の見解」は一切私には届いていませんからね。

同様に、私が「リスナーとして」「情報提供の呼びかけ」を受けまして、12月15日、12月22日の両日、じぇにふぁ嬢担当の木曜日に提供した情報は全て、きちんと「情報ラウンジ」のコーナー、及び番組中で紹介されております。
私が「リスナー」として「情報提供した」メールは全て放送当日、未明の時間帯に送信しており時間的な余裕は考慮してましたよ。

西村なつ嬢!あなた様が番組でリスナーに対して「情報提供」を呼びかけ、「必ず放送する」と約束したのにもにも関わらず、「それについての放送をしなかったこと」は問題になりますよ。何か一言でも「おわび」があればまだいいのですが、それについて謝罪もないというのは、「あなた様の良識を疑いますよ!」

これは明らかに「リスナーに対する背信行為」ではないのですか!

12月19日の「ボナペチ」でさえ「情報ラウンジ」では無視されたので、私がまた「あなた様個人の見解を質すメール」を送信したところ、やっと「番組後半で一部紹介されました」からね、しかも「それについての謝罪は一切無し」でしたよ!
もし私が、メールを送らなかったら、「ずっと紹介されないまま」に終わったと思いますよ。

その様なあなた様の「リスナーに対する態度」を拝見していますと「パーソナリティのあなた様がリスナーを軽視している」ということに他ならないのではないですか!

私以外のリスナーが「情報提供」したとしても「同様な態度」で対応されたら「裏切られた」と感じると思いますよ。
 
長くなりましたが、私の知り合いの「コミュニティFMパーソナリティ経験者」の言葉を借りてあなた様への忠告としたいと思います。『特にコミュニティFMの場合って、パーソナリティとリスナーさんのキャッチボールが絶対不可欠なのです。 ですから、呼びかけたことに対しては、きちんと放送する。これは基本だと思いますよ』。

あなた様の「この様な姿勢」をリスナーとして見ている限り、「悪意の有無にかかわらず」結果的に「リスナーを騙(だま)した結果」になっていますからね!
あなた様が他人からの「信用を失いますよ!」
まだ、騙された人間が「私一人だけ」の様ですから、これを機会に「仕事に対する姿勢」を見直すことが必要だと思います。

また同時に「ボナペチ」月曜日では、番組中で「紹介する事を前提」に「リスナーからの情報提供」を呼びかけるべきではないと思います!

私は、この指摘をするにあたり、12月5日、12月12日、12月19日の月曜日担当西村なつ嬢、12月15日、12月22日の木曜日担当じぇにふぁ嬢、の放送分は全て確認した上で行っています。

本当に、気をつけられて下さい!
西村なつ嬢!あなた様の「信用を疑われる」事態にも発展しかねませんから!

2005.12.23 FM-mimi スタジオ訪問。

本日は、祝日という事もあり(怪我で休業中の私は、もう既に17連休、現在も更新中) 先週に引き続き、FM-mimi スタジオ訪問を決意。

通院治療終了後、昼食を食べ、都市高速道路に乗り、FM-mimi スタジオを訪問する。

到着後、リスナー「立ち枯れ清兵衛」氏が愛車に乗り駐車場から出てくるのを発見、急いで手を振るも気付かれず・・・^^;

スタジオ前に来ると、朝番組「モーニングミミ」パーソナリティ「たすまん」、「石井ミミ(本名ゆか)」両氏が居られましたね。

新人「石井ミミ(本名ゆか)」嬢に初対面の挨拶をすると、彼女は大喜びのご様子。

昨日の「モーニングミミ」宛てに送信した「飛行機操縦法」のメールに
興味津々でしたね。

これからも「メール常連リスナー」として頑張りますよ!

昼番組「ママトーク」の安東英子、中実柚菜両氏の「ぶっ飛びトーク」に大爆笑の後は、「井上みちかずのsweet song view」を観覧しました。
途中より、リスナー「toy」、「はな」、「moe☆」の3氏がご来訪、「はな」、「moe☆」のご両名は、私とは、初対面でしたね・・・

やはり、さとうともやす氏は、「はな」、「moe☆」のご両名の熱い視線を浴びていましたね・・・

某ブログ上でも、さとうともやす氏を巡って熾烈(しれつ)な争奪戦が繰り広げられていますしね・・・^^;)
どなたが「とも様」を射止めるのか目が離せません。


「ママトーク」、「井上みちかずのsweet song view」両番組にも「メール常連リスナー」となっている私、FM-mimi パーソナリティ間の認知度は高くなって来てますね!¥^^¥

これからの「メール常連リスナー」としての頑張りにご期待下さいませ!

電気コタツ、ヒーター交換

昨夜、19年間使ってきた電気コタツのヒーターが壊れました。
早速、ヒーター部分を取り外し、修理に出すことにしました。
もともと、このコタツ、粗大ごみ置き場に捨ててあったものを拾って再利用していました。堂々たる大往生でしたね。修理には、暫く時間がかかるとのことでしたので、新しいヒーターを購入しました。帰ると早速やぐらに取り付けました。

福岡は、昨夜の降雪で外は1面の銀世界でした。コタツがないと、過ごせません。

エアコンは、電気料金が非常にかかるので、めったに使用しません。

まあ、これで修理が完了すれば、ヒーターは2つになりますね・・・

本日の昼食

dc122102.jpg


現在、自宅療養中のため外出はどうしても制限されますね。何せ、松葉杖をついて歩かざるを得ませんので・・・

私は、自炊生活に手慣れていますので、料理は苦にしません。けれども、料理するのに飽きてくることもあります^^;

そんなときは、思い切り手抜きできる「炊き込み飯」を作りますね!

私が得意としているのは、「わかめといりこの炊き込み飯」ですね!
作り方は、非常に簡単で、米をといで炊飯器に水を規定量入れた後に、「乾燥わかめといりこ」を適当に入れるだけです。後は、しょうゆで「塩加減」を好みに整えて、炊飯器の電源を入れるだけです。

数10分後には、「磯の香り」豊かな「炊き込み飯」の出来上がりです。

皆様もお試しあれ!!

自家用4輪自動車24ヶ月定期点検

dc092301111.jpg


今日は、晴れたので自家用4輪自動車の24ヶ月定期点検を行った。

私の愛車は、ダイハツ工業製、テリオスキッドCLである。
普段着の上に、白い布製のつなぎ作業服を着て、ガレージジャッキ、リジッドラック(通称、ウマ)4基を取り出し、愛車をジャッキアップする。
リジッドラック(通称、ウマ)4基を噛まし、ジャッキを外す、4輪とも取り外し、前輪ディスクブレーキのローターとパッドの残量を点検する。同時にサスペンション各部の状態、ブレーキ配管、ドライブシャフト各部の状態を点検する。
後輪はドラムブレーキなのでブレーキドラムを取り外し、ライニングの残量、ドラムの磨耗状態、同様にサスペンション各部の状態、ブレーキ配管、ドライブシャフト各部の状態を点検する。
ブレーキ、サスペンション、前後車軸の点検が済むと、下にもぐりこみ、後デフ状態、油量、漏れ、プロペラシャフトの状態、変速機・トランスファー状態、油量、漏れ、前デフ状態、油量、漏れと点検していく。
それが終わると、4輪の位置をローテーションし、取り付ける。取り付けた後で、前後左右各車輪の軸方向のガタを点検する。

点検が終了すると再びジャッキアップし、リジッドラック(通称、ウマ)を全て外す、ガレージジャッキ、リジッドラック(通称、ウマ)4基を片付けて点検終了。

後は、しばらく適当にドライブし、全ての車輪のホイールナットの締まり具合を点検し終了する。

これでジャッキが必要な、下回りの点検整備とタイヤローテーションは終了だ。
エンジンルーム内の点検は、後でもできるので、後日行うことにする。

テリオスキッドの良い点は、「整備性が非常に良い」点だ、元々1300ccクラスのエンジン搭載を前提に設計されているので、軽自動車規格の660ccエンジンでは、「隙間が非常に多い」のだ、現在の最新鋭の4輪自動車のエンジンルームは「ぎっしりと隙間なく詰め込まれている」ので「工具を差し込む隙間すら無い」ものが多い。

当然「点検整備は業者任せ」になりがちになる!これは裏を返せば「所有者が愛車の状態を正確に自分の目で把握できていない」ということだ!要するに「乗りっぱなし」になるということ!

こんなことでは「故障した時に応急処置すらできない」運転者が大量生産されることになる。

私が愛車の点検整備を自分自身で行う目的は「愛車の状態を正確に自分の目で把握すること」にある。当然、自動車の構造についての知識も豊かになるし、修理や部品交換が必要な箇所や時期が解ってくる。当然、「故障した時にも応急処置がとり易くなる」のだ。

私の得意とする「うわべだけではない本質的なものの見方」とは、こんな所にも現れている。

私は、飛行機、船、2輪/4輪自動車と陸・海・空の自家用交通機関を操縦/運転する。自分が操縦/運転しようとする「乗り物の状態」を「正確に自分の目で把握しておかなければ」、当然、自分の「命」に関わってくるのだ!点検整備を「他人任せにしない理由」はそこにある。

「自分自身でできる範囲」は自分で行うのが「私の信念」だ!
自立心はこんな所にも現れている。



「Night Flight」、「Crusin'」

とは、言ってもFM-mimi で過去に放送していた、若しくは現在放送中の番組名では無いよ。

私自身の、最近の「空のパイロット(飛行機操縦士)」としての操縦経験に「夜間飛行」の経験が全く無いのだ・・・最後の「夜間飛行」が1996年の事だから9年近く飛んでいないことになる。まあ、自分で操縦する場合は、飛行機のレンタル料が¥39000/1時間だから、ちょっと、考えるしね・・・
今は、怪我人だし、無理は禁物さ!

「航海」の方は、自家用船を所有しているので、いつでも出航できるのだが、こう天候が悪くて海が荒れていては、「難破」してしまう、「船長」としては、海難は避けるべきものですから・・・

こちらも無理は禁物ですね!

早く、怪我が完治して、自由に歩けるようになりたいです!!!

因みに「海のパイロット」もあります。
外国航路の大型船を大規模な港内で「入港から着岸、離岸から出港」までをその船の船長に成り代わって操船し、安全無事な港内交通を担う「水先案内人」の事です。

日曜討論

を聴こうとサイトに接続するも、接続不可能
すぐに「復旧依頼」のメールを送信する。

約10分後、接続できネット視聴可能になった。

番組の開始はAM10:00 メール送信がAM11:43 復旧確認がAM11:55

2時間近くネット放送の「不送信状態に気付いていなかった!」事に成りますね!!
ネット放送はFM-mimi の「売り」ですからね。
「放送事故」は「放送事業者としての信頼性の喪失」につながりますよ!

私は、「FM-mimi の為には」喜んで「苦言も呈しますよ!」
そんなリスナーを無視する様であれば、「企業として、生存は困難になるでしょうが・・・」 

暴風雪警報発令中

福岡地方現在、暴風雪警報発令中

深々と冷え込んでいます。
私は怪我をして動き辛いので、コタツで入り浸っています。

怪我をしてなければ、活発に活動しますが・・・
現在では無理は禁物ですね・・・

NoDoubt

ネットにてリアルタイム視聴したのをいいことに、番組宛に初メールを送りました。

パーソナリティ、伊藤博氏、野田やすこ氏は大歓迎のご様子でメールを読んでくれました。野田やすこ氏は初メールということもあり、私のラジオネームを噛んでいましたが、直後にメッセージテーマの10大ニュースに関してのメールを送信しました。

それが読まれる途中、私のラジオネーム、性別に関しての質問が出たのでまた回答メール2通を送信しました。

1時間の番組内に合計4通のメールを送信したので、野田やすこ氏の「私のラジオネームの発音」も飛躍的に向上しましたね。

「私の事故被害に対するご心配」非常に痛み入りました。

次回の放送からも頑張ってメール送りますよ。

出演予定だったバーバラ嬢、風邪でダウンとは残念でした。
次回の出演に期待しましょう・・・

主人(妻)在宅性ストレス症候群

今朝のTVワイドショーを見ていたら、「主人(妻)在宅性ストレス症候群」なる病名が、停年退職後の夫(妻)を持つ夫婦間に急増しているらしい・・・

特に職場で「仕事人間であった夫(妻)」が特にすることもなく、在宅し、配偶者に「身勝手な要求を無理強いする」事で、配偶者が「ストレス性の様々な症候」を発症するというものらしい・・・

原因は「人間的に『自立』出来ていない人」の「配偶者への『身勝手な要求』の無理強い」ですね・・・

特に、1947年~1949年の第1次ベビーブームに出生した「団塊の世代」夫婦に多いみたいですね。まだこの頃の「結婚生活」は「夫婦間の役割分業」が明確だった時代ですからねー・・・「仕方無いかな」という思いも致しますね・・・

さて私自身は、20代の頃は「独身主義」を標榜しておりました。
理由は、「両親の夫婦仲が非常に悪く喧嘩ばかりしている光景」を18歳になるまで数多く見ていたので・・・

散々迷いながら自分なりに将来の方向性を考えた結果、『結婚して、夫婦喧嘩に無駄な時間を費やすより、1生涯独身で過ごして、自分のやりたい事に挑戦し、結果を出す』事の方が『1度しかない自分の人生を有意義に過ごせる』と思う様に成りました。

私は、一人っ子でしたので、相談できる兄弟がいませんでした。同時に「周囲を気にせず自分のやりたい事に挑戦できる」という利点もありましたので、迷わず「自立できる自分」を目指して、「完全に近い自炊生活」そして「陸・海・空の自家用交通機関操縦/運転資格の取得」の達成を目標に行動を開始しました。

いろいろ、紆余曲折はありましたが目標を全て達成した1996年当時は、「他人に頼ろうとしない、頼れる自分自身に成れた」と感じていた、のと同時に「真の自立は生涯独身でなければ達成できない」と感じていたのも事実です。

『自立』とは「自分だけの力で行動し、生活すること。他からの助けを受けないで、やっていくこと。」を意味していますので、「夫と妻の共同生活」である『結婚』は『真の自立』とは言えないと当時は考えていました。

2005年現在でも、その甲斐あって、現在私の「自立心」は、一定の水準に達し、実生活でも実家を離れ、自立できていますね。3度の交通事故被害に遭い、松葉杖による歩行を強いられている12月、現在でさえ、「完全に近い自炊生活」は継続中であり、生涯独身で過ごせる自信は充分に有ります。

ただ、2000年頃から「自立出来ている人間ならば、『夫と妻の共同生活』にも余裕を持って対処できる」と考えるようになりました。

現在の「結婚生活」は、夫婦間の明確な分業体制が崩れ、夫の家事、育児への参加が否応無しに求められています。
2005年現在の「夫婦関係」に求められているものは、「お互いに自立出来ている人間同士の対等な関係」の様な気がします・・・

私が18歳~30歳に渡り、鍛え上げた「自立心」は決して無駄ではありませんでしたね!

私が、このブログ中で繰り返し述べている「表面上だけではない本質的なものの見方」は、こういった過去の経験から培われた様な気がします。

「ママトーク」、「井上みちかずのsweet song view」

どちらも、在宅中の為ネットにてリアルタイム視聴できました。

「ママトーク」
メイン、安東英子氏が都合により前半部と後半部を欠席の為、サブ、中実柚菜氏が留守番モードでの放送となりました。その為、「恋する短歌」、「シネマトーク」両コーナーが前半30分に集中、後半30分は、番組宛メール紹介となりました。メッセージテーマは「マイブーム」、私も久しぶりに投稿し見事に読まれましたね!ただ、柚菜さん、私のRNを「見事に噛んで」くれました。(しかもフリガナ付き!)やはり、常連にならないと難しいようですね・・・
また、中実柚菜氏パーソナリティネームを変える気の様ですね・・・
これまでの変遷は・・・
中水ゆな→なかみずゆな→中実柚菜(なかみゆずな)→中実柚菜(なかみゆな)
と都合3回変わっていますが・・・その裏には「姓名判断」に凝られていたという事情があったんですね。

安東英子氏、都合により1時間だけ出演にも関わらず、「もっと知りたい!PTA」のコーナーを見事にまとめ上げる手腕、流石です!


「井上みちかずのsweet song view」
先週に引き続きリアルタイム視聴できました。
特集は「竹内まりや」でした、夫山下達郎氏、という強力な後ろ盾と彼の「シュガーベイブ」時代の人脈は、未だに生き続けていますね!
後半部には、井上みちかず氏のギター生演奏も登場!「元気を出して/竹内まりや」でした、事故続きで落ち込んだ私の心に暖かく沁み込みました!昨夜の「Crusin'」中、横尾健太郎氏に続いて見れるとは思いませんでした・・・感謝感激でした!

番組宛メールも全て読まれましたね!
私が『昨夜の「Crusin'」終了後にともやすさんから、私の傷の心配をして頂き、有難うございました!』と送ったら、吉村美咲さん「うそですよ!!うわべだけ!!ですよ!!!」と非常に痛烈なコメント、井上みちかず氏も「ばっさりですね!!」と呆れ顔、ともやすさんに至っては「取り付く島もない」ご様子でした!
やはり、「FM-mimi 随一のイケメン、パーソナリティ」にこれまた「美女パーソナリティ」は「ご嫉妬」の様子!

「某 FM-mimi 女性パーソナリティのブログ」上でも「さとうともやす氏をめぐって、女同士の戦いが勃発」していますからね・・・恐ろしいですね!(@|@;)

やはり、「FM-mimi 随一のイケメン、パーソナリティ」に対する女性方々の競争は、激烈な様ですね・・・しみじみ。

管理人の私は「イケメン、独身パイロット?」かな?
近影は、プロフィール欄の写真を見てね!!

2005.12.15 FM-mimi スタジオにて

dc121604.jpg

福岡タワー「クリスマスツリー」イルミネーション、真近で見るのは初めてです。

dc121607.jpg

「Crusin'」本番中のさとうともやす氏、なぜか背後の幕が上がっています。珍しい光景です。

dc121609.jpg

さとうともやす氏の背後で機械調整中の大和氏。

dc121612.jpg

番組中で初めてギター生演奏を披露する横尾健太郎氏。

dc121620.jpg

珍しく横尾健太郎氏も参加し、4人体制で、放送中の「&J」冒頭部。

dc121623.jpg

「&J」中盤部のじぇにふぁ、JDボーノ両嬢。

dc121624.jpg

「JJクラブ101コーナー」放送中のスタジオ光景。

連続した事故被害で意気消沈している訳にもいかないので、FM-mimiスタジオを思い切って訪問しました。20:10位に到着すると、RN「異論反論オブ・ジョイトイ」氏が居られました、「異論反論オブ・ジョイトイ」氏は、「続・FUNKAHOLIC」で使用する音源の件でさとうともやす氏と打ち合わせを終えられた後、急いでスタジオを去られました。
この寒い中、「本当にご苦労様です!」

「Crusin'」本番中には、レギュラーゲスト横尾健太郎氏の「番組中で初めてのギター生演奏披露」もあり、非常に楽しめました!

続く「&J」冒頭部には、珍しく横尾健太郎氏も参加し、4人体制での放送となりました。
今夜のテーマは「待ち合わせ」、リスナーから送られてくる、メールには色々な、四方山(よもやま)話も飛び出し、じぇにふぁ、JDボーノ両嬢は興味津々のご様子でしたね・・・

「松葉杖姿」の私を見て、「異論反論オブ・ジョイトイ」、さとうともやす、横尾健太郎、じぇにふぁ、JDボーノの各氏が「私の傷の具合」について非常に心配してくれました。各氏から頂いた「温かい言葉の数々」、非常に痛み入ります。
どうもご心配有難うございました。

負けるなオレ!

相変わらず左足が疼く!

痛いっ!

「俺は、陸、海、空が行動できるんだ!負けてたまるか!これしきの事!!!」

痛いよ!左足!

12月7日の2輪車の事故で負傷した、左足の傷が疼いて堪らない・・・
追い討ちをかける様に、12月8日には、駐車場に停めていた、自家用4輪車が当て逃げに遭い、12月13日には、警察署からの事情聴取の帰りに、駐車中の私の自家用4輪車にタクシーが接触事故を起こしてくれた。
12月に入って、これで3件の交通事故被害である。

私が所有する2輪/4輪自動車のうち、スズキ製DJEBEL200(2輪)とダイハツ製テリオスキッド(4輪)が被害にあっている。残るは、ヤマハ製SRX600(2輪)だけだ・・・

これだけ連続して、事故被害に遭うと、正直「運転したくない」気持ちが出てくる・・・

2輪車の事故は明らかな人身事故であり、加害者の一方的な安全確認不足が原因となって起こった。そんな「危険な」運転者には「運転して欲しくない!」ということで、事情聴取の担当者には「業務上過失傷害罪」の適用を望んだ。これを機会に「加害者には猛省」してもらいたい!

大体、AT車の普及で運転操作が「楽になった」のいいことに、雑な運転操作をする「運転者」が非常に多くなった。MT車乗りの私から見ていても、運転姿勢からして「異常」なのが多い、そんな事では、まともな操作など望むべくもないだろう・・・

この所ずっと、12月7日の2輪車の事故で負傷した、左足の傷が疼き続けている。

「傷が完治するのか?」という不安さえよぎって来る。
特に、飛行機は両手、両足を使って操縦するし、両手、両足が満足に動いてくれないとあらゆる状況下での「危険回避」はどうしても遅れ気味になる。私はこれまで「身軽な素早い行動力」を誇りにしてきた。現在それさえ失われている!「非常に歯がゆい思いだ!」

「頑張れ私!」自分に叱咤激励するしか現時点では方法がない!

取り敢えず、明日の「Crusin'」、「&J」はスタジオにて見学の予定・・・
とも様、じぇに様、ボーノ様は私を見てどう反応するやら・・・

「タクシーよ!お前もか!」

本日は、12月7日の事故の事情聴取のため、博多警察署へ行く、事故捜査係の担当者は私も「被疑者」と思っていたようだが・・・私が事故の詳細を話すと直ちに「被害者」調書を作成された。
まあ、私は4輪車が駐車場から出てくるのを見ていたので、警笛を鳴らし回避するため車線変更をかけたのだが、それでも気付かずに衝突された。よって、4輪運転者の「注意不足」による事故だと主張した。私が、脇見運転でもしていて、衝突したのなら私にも「責任の一端は」有ろうが・・・今回は、「最大限の回避行動を取った上」での事故だ!
これで、加害者には「業務上過失傷害罪」が適用され、「書類送検」は確実に行われる。例え、「妊娠してたとしても」自身の運転する自動車で、事故を起こし、他人を負傷させているのだ!当然、「刑事上、行政上、民事上」の責任追及は行われる。

事情聴取を終え、博多駅筑紫口側のパソコンショップ前に駐車し、開店時刻を待っていると、タクシーが停車し、左後ドアが勢いよく開くと、私の自家用4輪車の右前フェンダーに接触、窓を開けてみれば、傷が出来ているではないか!
私は、運転席を出て、ドアを不用意に開けた、客に詰め寄った、運転手も出てくる。「客に対して責任追求」を主張する私に対して、運転手は
「私の責任」と言い出す始末、とうとうタクシー会社の事故担当者立会いのもと物損事故の届出をしに博多駅前交番へ行く羽目になる。

12月になって、これで3件目、2輪で1件、4輪で2件・・・全て私が「被害者」である。いくら慎重に運転していても、停車しているときに衝突されては、防ぎようがない!

私自身が「壊れそうだ!!!」

ボナペチ月曜日

自宅療養中なので、ネットにてリアルタイム視聴する。
開始して7分位経過したら、ストリーミング放送の音声がしばらく途切れた。すぐさま、FM-mimiに電話し、大和氏にその旨を伝える。
程なくして復旧しました。

もう少しで「放送事故」になるところでしたね・・・
「インターネット放送」は、FM-mimiの「売り」ですからね!!
「放送事故」になっちゃうと、「放送局としての信頼」が失われてくる事に繋がりますからね・・・気をつけましょうね。

私は、FM-mimiのメール常連リスナーの一人ですが、スタッフ、パーソナリティに対しては「かなり厳しい指摘」もしてますから、「煙たがられている」かも知れませんね。

でも、「問題は、小さいうちに見つけて手を打つ」ほうが「問題が大きくなってから対処するより」もよっぽど楽だと思いますよ。

私は、パイロット訓練生時代に、「その事を叩き込まれました」からね、愛聴放送局 FM-mimiが「健全にあるため」には例え、「憎まれ役」になろうと「間違いは」これからも指摘していきたいと考えています。

新番組『モーニングミミ』、従来の『日の出ラヂヲ』の番組名を変更し、新女性パーソナリティ、石井ミミ(本名ゆか?)嬢を投入、記念すべき第一回目の放送は、たすまん、さとうともやす両氏との絡みも初々しいものでしたね!今後の彼女の成長に、期待したい所です!

「怪我人」ながら忙しい・・・

先週、水曜日の交通事故による負傷、オートバイの破損、4輪車の当て逃げと「精神的に凹んでばかり」、振り返ってみると10月から今月まで、月1回の割合で事故被害に遭(あ)っている。先週の事故に遭うまでは、「精神的に明るく」過ごせていたのだが・・・
今回は、ちと「重過ぎる・・・」

「一人っ子」にしては珍しく「自立能力」の高い私だが、炊事、洗濯は難無くこなせるにしても、「入浴」はかなり「苦痛」を伴う、何故なら負傷している「左足すね、足首を濡らせない」からだ!どうしても、不自然な体制になるため「右足の負担」が大きくなってしまう・・・

警察の事情聴取、相手方との賠償交渉と「現実との戦い」は続く・・・

「落ち込んでばかり」という訳にもいかないので・・・近所の公共図書館に出かけた。初めて、駐車場の「車椅子マーク」の区画に駐車し、松葉杖をついて歩く。別に「身体障害者手帳」を持っている訳ではないが・・・「怪我人」なので気兼ねは無用だろう・・・

借りていた本を返却し、「航空」関係、「船舶」関係、「自動車」関係を各2冊ずつ合計6冊借りた。
飛行機、船、そして2輪/4輪自動車、何れも操縦/運転する私は、「関係する最新情報を知っておきたい」要求が絶えない。

「怪我」をして、「自家用4輪車を運転する」のがやっとの現在、せめて知識の幅でも広げておきたいと思っている。

おまけに、現在、ある資格試験の受験勉強中でもあり、「自宅療養中」の現在、勉強にいそしんでもいる。

現在の私の自家用車は、5速MT仕様なので、運転には「両足を使う」、負傷している左足には「ちときつい」が「機能低下を防ぐ」為にも、頑張るつもりだ!
左足が正常に動いてくれないと私の「パイロット生命」は絶たれてしまう、そうなるわけには「決していかない」のだよ!!

しかし、治るんかい「この怪我」!!!

ブログデザイン変更

遅ればせながら、ブログデザインを変更してみました。
私自身の交通事故による負傷、オートバイの破損、4輪車の当て逃げ、と「精神的に凹む事」ばかり・・・

デザイン変更で、気分を一新しましょう!!

冷却水交換

事故による負傷で、休業中の為、父親所有の軽トラックと自分の自家用4輪車のエンジン冷却水を交換する。

ラジエーターキャップとドレンボルトを外し、冷却水を全量抜く、その後ドレンボルトを取り付け、水道水と即効性ラジエーター洗浄剤を注入し、ラジエーターキャップを取り付け、ヒーターを効かせながら、30分程走行する。その後、洗浄剤溶液をラジエーターから洗い流し、LLC(長寿命不凍液)を規定濃度に薄め、水漏れ予防剤と共にラジエーターに注入する。リザーバータンクには、LLC希釈液を注入する。その後、ヒーターを効かせながら、30分程走行し、エンジンが冷えるのを待って、リザーバータンク水量をチェックする。減っていれば上限まで補水して完了。

その間に、近所のディラーに行き、当て逃げの箇所の修理見積もりを取る。

まだまだ、2台共少し前の時代の設計なので、整備性が犠牲にされていないので非常に助かる。
私は「自分でできる範囲の点検整備は自分で行う」という方針なので、
自動車を購入する際には「整備性が良い」事も選択肢の1つに入ってくる。
「点検整備を自分で行う」利点としては、「自分の車の状態」を詳細に把握できる点にある。その上で「どのような整備を行うのか」を判断すればよい。これも「自立心」の1つの表れである。
整備業者に「何もかも任せっきり」だと、「不要な整備料金」までだまし取られる事になる。

「自分の所有する自動車の管理」は、2輪4輪問わず、あくまでも「所有者の責任で行うべきもの」なのだ「道路運送車両法」にもきちんと規定されている。

しかし、最新鋭の自動車のエンジンルームを見ていると「非常に整備性を犠牲にしている」としか思えない。
もっと、ユーザーには「うわべに騙されず、本質を見抜ける目」を養ってもらいたいと思う。

「うわべに騙されず、本質を見抜ける目」を持っていなかったからこそ、「マンションの耐震強度偽装」や「埋立地の不同沈下による集合住宅の破壊」、「鉄道路線構造物の崩壊」、「食品の品質不当表示」などが発生してきたのではないか・・・

このような状況に、「危機感を感じない人」は「本当に鈍感だ」と私は思う。
「自分独自のものの見方というもの」は「自立」した人間には「絶対に必要なもの」なのだ・・・

井上みちかずのsweet song view

一昨日の交通事故による負傷に加え、昨日は、自宅駐車場に停めていた、自家用4輪車が当て逃げされ、私は、非常に精神状態が「落ち込んで」しまった。

自宅療養中なので、久しぶりにネットでリアルタイム視聴する。
私の久々の番組宛メールに、井上みちかず氏は、ライダーとして共感したご様子。

大貫妙子嬢の落ち着いた歌声に心が癒されました。

どうも「お取り計らい痛み入り」ました!!

スキャナセットアップ完了

事故による負傷で自宅療養中なので、以前に入手しておいた、スキャナをセットアップする。

スキャナ付属のドライバーCD-ROMはWIN 98用なので、メーカーウェブサイトにアクセスし、WIN XP用ドライバーをダウンロードする。程なく、セットアップ完了。

コンピューター業界は「日進月歩の世界」、数ヶ月たてば、「もう時代遅れとなることが珍しくない」。私のメインの愛機は、ノートPCながら、CPU、HDD、光学ディスクドライブの交換が前提として造られている。拡張性は自作デスクトップ機にひけを取らない。メーカー製新製品を買うよりも遥かに小額の投資で性能向上が可能だ!これまでHDD、光学ディスクドライブを交換し、性能向上を果たしてきた。
「メーカー側の宣伝に踊らされず、本質的な物を見る目」を「これからも大切に育てていきたい」と切に願う。

因みに、私の職場は「廃棄物処理業」、従って新品同様の「ハードウェア」や「ソフトウェア」が結構捨てられてくる。

「口先だけのリサイクル」には、「もう沢山だ」、私のささやかな「リサイクル」が「環境保護への1助」になればと願う次第である。

ついに本田技研工業製軽飛行機登場



週刊「ダイヤモンド」12月10日号の表紙

upe27.jpg

本文中の「本田技研工業製軽飛行機完成」及び「F1レーシングチーム来期より復活」の記事


↑スキャナで読み込むとさすがに鮮明ですね・・・

本日、病院の帰りがけに訪れた、博多区のコンビ二にて見つけた週刊「ダイヤモンド」12月10日号の表紙を見るとなんと!

ホンダ製の「軽飛行機」が「堂々!」と登場しているでは有りませんか・・・

早速、購入し記事を読んでみると、今年、7月28日アメリカ合衆国ウィスコンシン州オシュコシュで開催された航空ショー「エアベンチャー」にて初デビューしたとの事。

私はこれまで「陸のホンダ:モーターサイクルGB250クラブマン」そして、現在「海のホンダ:船外機BF15D」を愛用している。

そしてついに今回の「空のホンダ」まで登場である。
幸い、私はパイロットでもあり、飛行機は操縦できる。
「操縦してみたい!」
という思いがたまらなく募っている!!!

来期からは、伝統のF1チームも復活しますしね!・・・

やってくれますね!!ホンダさん!!!

これからも期待してますよ!!!!

松葉杖




昨日の交通事故で負傷した私は、現在これを使って、歩いている。
このところ、10月5日労災、11月18日交通、12月7日交通、と月1回の割合で事故に遭っている。全て私が、被害者となっている。

いくら、強靭な肉体を誇る私でも「さすがにへこむ」

松葉杖を使って歩いていると、腕の筋肉が非常に疲れる。
幸い、自家用4輪車(MT仕様)は運転できるので、移動には事欠かないが・・・

機動性に富む、2輪車に乗れないので、欲求不満が募る。

「ボナぺチ木曜日」

昨日の事故で負傷した為、自宅療養中です。

FM-mimiがネットでリアルタイム視聴、そして4輪車でエア視聴出来てます。

「ぼなQ」ばっちり参戦して、きっちり正解でした。

じぇにふぁ嬢の帽子姿お似合いでした。

本日のメッセージテーマ、「☆サンタにお願~い☆」でしたね・・・
私の「お願いも」しっかりと「大きな靴下」に入れてもらったのを見届けられました。

来週は、「ボナペチ」放送中スタジオ前に行こうかな・・・

本日AM7:05に

dc120701.jpg

左足首の負傷
dc120704.jpg

左足ひざ側面、すね側面の負傷
dc120703.jpg

右腕ひじの負傷

福岡市博多区東平尾1丁目付近4車線道路ををオートバイにて大野城方面に向けて走行中、駐車場から出てきた右折車に衝突し転倒、救急車にて病院に搬送される羽目になりました。

運転者の妊婦は、私がオートバイの下敷きにもなっているのが、見えているのにも関わらず、手助けにも来ないし、停止した後続車の運転者の手助けを借り、歩道上に移動し、妊婦に謝罪を求めようと近ずけば、同乗者の姉がさえぎってしまい、まともに話も出来なくされてしまう・・・

いくら「妊娠」しているからと言って、私を自身運転の車で轢き、怪我までさせているんだよ!「私に対する謝罪」がそれで「免除される」とは思えないが・・・全く「誠意の無い対応」としか思えませんが・・・

衝突する約30m手前で私は、加害者の車に気付き、左側車線左端から警笛を鳴らし、右側車線に移動し回避行動を取ったにも関わらず、加害者は、私のオートバイの存在に気付かず、そのまま進行し、衝突してくれました。

搬送先の病院では、私の「医学的用語」を交えた負傷状況の説明に、医師、看護師一同、感心したご様子。
そりゃー私は、林業に従事していた、平成11年9月に「普通救命講習」を修了し、「救命技能を有して」おりますから、ある程度の「医学的な知識」は持ってますよー!

「並みの怪我人」とは一味違いますよ!!!

2輪/4輪自動車の他に、飛行機、船を操縦/運転する私は、陸上の他に、航空、船舶の「交通事故」に遭う機会も十分に有り得ますからね・・・
「救命技能を有する」必要性もあると自身では考えています。

若松半島猛吹雪




今日は、北九州市若松区まで荷物を運びました。
福岡県では、今冬の初雪となりましたが、若松半島では猛烈に吹雪いていました。

初めて、ゴマサバで、ゴマサバ茶漬けを作ってみました!

dc120402.jpg

雨模様の百道周辺
dc120405.jpg

本日、研ぎあげる包丁
dc120406.jpg

ランスキー・シャープナーを使用して研いでいます
dc072401.jpg

ゴマサバ 学名Scomber australasicus
dc090401.jpg

マサバ 学名Scomber japonicus
dc120408.jpg

本日入手した、ゴマサバ3尾
dc120410.jpg

解体終了
dc120413.jpg

柵取りした身を、刺身に引いています
dc120415.jpg

いりゴマ、醤油、酒、わさびを合わせたたれに刺身を漬け込んでいます
dc120418.jpg

ご飯の上にたれに漬け込んだ刺身を乗せ、お茶をかけて出来上がり。


本日は、四輪自動車の冷却水交換を予定していたので、四輪車で志賀島へ、行く途中に雨が降り出し、急に寒くなってきました。
オートバイが集合する場所に着いてみると、まだ誰も来ていませんでした。10分位待っていましたが、誰も来ないようなので、買い物に行きました。
いつものスーパーで食材を漁っていると、なんと!ゴマサバが1尾79円であるではありませんか!早速3尾ゲットしました。因みにマサバの方は、1尾580円でした、高けぇー!

帰宅すると、この所、サボっていた包丁を研ぐことにしました。
料理好きな私にとって、包丁の切れ味は、能率を左右する重要な因子です。「切れ味鋭い」包丁は、非常に能率が上がります。

包丁を研ぎ終わると、「ゴマサバ茶漬け」なる料理に初挑戦してみました。
私は、今年になるまで、サバの刺身をゴマ醤油で和えた「ゴマサバ」なる料理があることを知りませんでした・・・「ゴマサバ」と言えばサバの1種とばかり思っていましたからね。

現在日本近海で漁獲されるサバは標準和名「ゴマサバ」と「マサバ」の2種類です。参考までに写真を掲載しております。見れば、違いが判るかと思います。有名なブランド魚「関サバ」は「マサバ」になります。

ゴマサバ3尾を解体し、1尾を刺身に引きます、引いた刺身をいりゴマ、醤油、酒、わさびを合わせたたれに10分間漬け込み、温かいご飯の上に乗せ、熱いお茶をかけて出来上がり。勿論、マサバでも作れますよ!

初めて食してみましたが、非常に美味しかったです。

この作り方は、私のサイト「風の大陸」料理のコーナーにアップする予定です。

今朝は、

大変寒いので厚着しています!
ラグノーリンチャス オブリクィデンス

日の出ラヂヲ          

珍しく、リアルタイム視聴できた・・・
たすまん氏は、「飛行機が鉄で出来ている」と思っていたようなので・・・

思わず、突っ込みのメールを送信する。

違います、「飛行機はアルミ合金で出来ている」んですよ!
細かく言うならば、「ジュラルミンという、アルミ合金で出来ています」。

間違ったことを放送してしまうと、大半のリスナーさんたちが「誤解しますよ」、これがマスメディアの持つ恐ろしさです。

気をつけましょうね・・・

今冬(こんふゆ)初めての鍋を作ってみました




dc120105.jpg


本日、今冬(こんふゆ)初めての鍋を作ってみました。
名付けて「地獄(じごく)鍋」由来は、具材に使用する「魚」の全てを捨てる、ところなく味わいつくす。所から取っています。

3枚おろしにした場合、通常は捨てられてしまう、内臓、頭、ひれなどを全て使います。コラーゲンたっぷりですね・・・


だしは干し椎茸(しいたけ)、マアジ・メジナの中落ちと内臓、鶏肉(とりにく)から取っています。

具材としては、干し椎茸(しいたけ)、マアジ・メジナの中落ちと内臓、鶏肉(とりにく)、ニンジン、キャベツ、ナス、もやしを使い、みそ味仕立てにしてます。

完全に私のオリジナル料理です。私は「こってり」した濃厚(のうこう)な味を好みますので、みそ味仕立ての「鍋」が多いですね。

Extra

プロフィール

鎌海豚

  • Author:鎌海豚
  • ご来訪、まことに有り難う御座います。
    福岡在住の自然大好き、自炊暦20?年の男子です。
    釣り、料理、等等日常生活の様々な話題を載せていきます。





    http://ping.blogmura.com/xmlrpc/1gap92b49f51

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。