Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が、飛行機を操縦する時に機内に持ち込むもの




私は、「自家用飛行機操縦士技能証明」を取得している。パイロットでもあります。

写真は、私が「飛行機を操縦する時に機内に持ち込むもの」です。

AIM-J(航空法規その他、航空情報の総合解説書)、操縦する機体の取扱説明書、チエックリスト、運航規定、プロッター、航法計算盤、膝当て板、操縦日誌、サングラス、ヘッドセットの以上10品目です。
スポンサーサイト

リチャード・バーンズ氏の病死について思う

昨日、WRCチャンピオン経験者、リチャード・バーンズ氏の病死を知った。スバル時代にインプレッサでドライバーズ・タイトルを勝ち取った人だ・・・
1990年代は、WRCがグループA規定で争われており、トヨタ、スバル、三菱、日産、マツダなどの日本車がしのぎを削っていた時代であった。

グループB時代のアウディ・クワトロに始まった、DOHCターボ過給エンジンに四輪駆動を組み合わせた車の圧倒的な速さは、舗装路、非舗装路、氷雪路と路面を問わなかった。それが、WRCという競技を経て、熟成され市販車に生かされている。それが「スポーツ4WD」と言われる高性能車の1分野になっている。

自動車メーカーとしてのスバルは左右対称の重量、駆動系による旋回性の高い高性能車造りを得意としている。レガシィ、インプレッサ、フォレスター何れも素晴しい旋回性をもっている。

私自身、「スポーツ4WD」乗りとしてスバル車の持つ「素晴しい操縦性」は大きな魅力でしたね・・・

「飛行機乗り」である私にとって、スバル製、軽飛行機、モデル FA-200-160/180(愛称エアロスバル)は操縦してみたい機体の1つである。

聞く所によると、リチャード・バーンズ氏は血液型がRh-因子だったとの事、私も誕生時に、Rh-因子による血液型不適合で生死の境をさまよっている。

何はともはれ、これまでスバルの自動車開発に関ってきた、才能あるドライバーも冥福を祈りたいです。

メジナとマアジを捌く

conv0195.jpg


前日に入手していた、メジナとマアジを3枚おろしにし、食酢に漬け込む。
これで、鮮度は非常に落ちにくくなり、保存が利くようになる。

落とした、頭と中落ちも同時に漬け込む、食酢により骨が軟らかくなり食べやすくなる。
内臓は、塩漬けにして冷蔵する。

食材はあくまでも「無駄なく」使う、私流の「生ごみ減量」の知恵です。

一寸懐かしい、お札




1970年代に通用していた5000円札を入手しました。勿論、現在も通用しますよ・・・
図柄に使われていた『聖徳太子』は当時10000円札にも使われており、この時代『聖徳太子』と言えば1万円を意味していましたね・・・

参考までに、現行の10000円札を上段に並べています。現在は『福沢諭吉』が1万円を意味しています・・・
当時のお札は、現行のものより1回り大きかったですね。

現行の5000円札の図柄は、言うまでもなく『樋口一葉』です。

「続・FUNKAHOLIC」

通して、リアルタイム視聴しました。

私のテーマ曲2曲かかりました。さとうともやす、百万石、国光の3氏どうも有り難う御座いました!

在来語と外来語

最近感じる事、

在来語
「勝ち抜き戦」、「総当たり戦」

外来語
「トーナメント戦」、「リーグ戦」

何れも、同じ試合形式をさす言葉です。

私、個人的には、在来語の方が「本質をよく表している」と思いますけど・・・

このブログの閲覧者の方々はどうお思いでしょうか?
沢山のコメントお待ちしております。

ライフマネジメント

私が愛聴しているFM局「FM-mimi」で最近流れているCMに「ライフマネジメント」なる言葉が非常に多いですね。

私自身の「ライフマネジメント」についてですが・・・
一人っ子である、私はあくまでも「自立心」を付ける事を主目的として「未来の自分がどうあるべきか」を想定して、目標を定め、その達成に、向けて努力してきました。

その結果、2005年11月現在までに・・・
飛行機操縦資格、小型船舶操縦資格、第1種自動車運転免許全ての取得、完全に近い自炊生活などなど、を達成してきています。

こんな私を評して、周囲の人々は「凄い!」とか「資格マニア」とか「
守銭奴」などなど、色々言ってくれてますね!

でも、これらの発言は全て、「表面上のことしか見ていません!」
私が、狙いとしているのは「他人に頼ろうとしない、頼れる自分自身」なんですねー!

「飛行機操縦資格、小型船舶操縦資格、第1種自動車運転免許全ての取得」は陸・海・空に渡る行動範囲及び幅広い視野の獲得を意図しています。

また、その訓練課程においては、様々な困難に遭遇した時に必要とされる、冷静沈着なる判断力、決断力、行動力などを養う事が出来ます。
そして、「未来の自分がどうあるべきか」を想定して、目標を定め、その達成に、向けて努力する計画性も養えますね・・・

「完全に近い自炊生活」は、夫婦間の明確な分業体制が崩れ、夫の家事、育児への参加が求められている「現代の結婚生活」への対応訓練を狙っています。また、過去には、「飛行機操縦資格取得費用」の貯金の手段としても使いました。

18歳の時に初めて抱いた「30歳代の自分の将来の姿」、「周囲の無責任な意見」に悩み、試行錯誤しながらもその実現に向けて努力してきた結果、実際にその年齢になってれば、周囲の人々は私に対して「凄い!」と言うばかりです。

この時こそ「自分らしさ」、「自分自身の向上」を余裕を持って実感できる瞬間です!
「自分自身の人生」はあくまでも「自分だけのもの」であって「他人のもの」では断じてありません!

これからも、「周囲の無責任な意見」に惑わされず、「現状の自分自身」に満足せず「私らしく」、「自分自身のさらなる向上」を目指して突き進みたいと思います。

現在は「水中行動能力の獲得」を目標に鋭意努力中・・・

「オレは俺だ!!!!」

明日の弁当

dc112502.jpg


久々に、弁当の写真をアップしてみました。
主食は、ご飯に鰹のふりかけ、おかずは、椎茸、キャベツ、ビーフンの炒め物です。
私は、もう断続的ではありますが、15年以上「完全に近い自炊生活」を送っています。日常の弁当作りは、手慣れたものです。

「完全に近い自炊生活」の利点は、食生活をほぼ完全に、自分自身でコントロール出来る点にあります。これは、自分自身の健康管理にも繋がってきますからねー・・・「外食」ばかりでは、自分自身の健康管理など覚束ないでしょう!

こういう所も、「自立心」のあらわれの1つです。

今週21日、月曜日「日の出ラジヲ」「今日の朝ごはん」のコーナーで、たすまん氏は「納豆が全て糸を引く」と思っていたようですね・・・

23日、水曜日「日の出ラジヲ」「今日の朝ごはん」のコーナー宛てのメールに「糸を引かない納豆」についての解説を入れておきました。

「糸を引かない納豆」
蒸し大豆をこうじ菌で発酵、乾燥させたネバネバ糸を引かない不思議な納豆で「塩納豆」と呼ばれています。お寺で作られていたことから別名「寺納豆」とも。

京都の「大徳寺納豆」「一休寺納豆」。静岡県の「浜納豆」が代表的なものです。

たすまん氏、かなり驚かれた様子でしたね・・・

2005.11.23 FM-mimi スタジオにて



スタジオの光景


さとうともやす氏


パーソナリティ ハニー氏


ミキサー 大和氏


番組終了後に談笑するスタッフ達


スタジオ前に集結したリスナー達

「ボナペチ」にリアルタイム参加してきました。
番組中では月曜担当、西村なつ嬢によるレポート、「Crusin'」パーソナリティ さとうともやす氏が登場し非常に盛り上がりました。

スタジオ見学リスナーも、さとし氏、立ち枯れ清兵衛氏、ブルースリー・ミヤ氏、初参加のパラシュート急降下氏、異論反論オブ・ジョイトイ氏、そして私のそうそうたる面々が終結しました。
親子参加のブルースリー・ミヤ氏、パラシュート急降下氏のご子息達も打ち解けた様子でした。

2005.11.23 志賀島にて




志賀島入り口の自販機前の私の愛車ヤマハSRX 600




対岸に見える能古島

昨日、朝、休日にオートバイが集まる志賀島へ行ってきました。風が非常に冷たかったですね。
こんな時、自動販売機の温かい飲み物は、非常に落ち着けますね・・・

メインPC復活

ACアダプター断線の為、暫く使えなかった。メインPCがいよいよ復活、これを機会にCD-RW、DVD-ROMドライブをDVD-RWドライブに自分で交換致しました。

ACアダプター、DVD-RWドライブを購入した店の店員に交換方法を訊き、自宅に帰って、メインノートPCのキーボードを取り外し、CD-RW、DVD-ROMドライブを留めてたネジを緩めドライブを取り外す。その後、新しいDVD-RWドライブを開いた隙間に挿入し、キーボードを取り付けて完成。

これでウェブサイトの更新も出来ると言うもの。
しかし、メインノートPCの拡張性は非常に素晴しい。

今までにハードディスク、DVD-RWドライブを交換し性能は非常に向上している。

これが大メーカー製品は、拡張性ははっきり言って「無い」ので老朽化すれば新製品を購入する必要が有った。

私のは、「ベアボーン」なるキット仕様のPCであり、拡張性は非常に高い!
しかも、自分で対応可能!本当に「私の自立心はとんでもない」ですね・・・

志賀島にライダー集結

conv0192.jpg

志賀島入り口に終結したマシン群1
中央が私のマシン
conv0193.jpg

志賀島入り口に終結整列したマシン群2
conv0194.jpg

志賀島入り口に整列したマシン群3

先週に引き続き、オートバイで志賀島に行って参りました。
今回は、スズキ DJEBEL200で行きました。08:00に着くと小、中学時代の同級生岩崎氏が先客で居ました。
ソウコウして居るうちにバイクが終結しだしたのでまたもや、バイク談義に花が咲きました

「蛹化(ようか)」

完全変態の昆虫が蛹(さなぎ)に成ること。
表面上では休眠状態に見えるが、内部では幼虫から成虫に向けての猛烈な体の作り変えが進行している。

かく言う、「私も自分自身の成長の為」繭の中で「蛹化」します。

どちらが「交通弱者」なのやら・・・

昨日14時頃トラックに乗ろうとして、徒歩で4輪車の列の間を縫って道路を横断していたら、原付と見事に衝突・・・
原付は見事に転倒し、運転していたオバサンは、立てませんでしたねー!
私は眼鏡の鼻当てが変形し、右むこうずねを打ちましたが、なんともありませんでした・・・
私は、工事用ヘルメットを被り、手袋、編み上げ安全靴と完全防護体制。

すぐさま、転倒した原付を起こしメインスタンドを掛け、オバサンの肩を抱えて、立たせました。

痛がっているオバサンに警察を呼ぶか訊いたところ「呼ばない」と言われたので上司に報告だけ済ませ、駐車場に向かいました。

トラックを移動させ、事故現場に戻ってみればオバサンは既に居なくなっていました。


原付、対、歩行者の衝突なら圧倒的に歩行者に分が悪いんだけどな・・・

今回は、一体全体どちらが「交通弱者」なのやら・・・

狭苦しい職場

私の職場は、産業廃棄物の分別工場だ!

2台の油圧ショベル(通称ユンボ)、2台のフォークリフト、そして20人近い従業員が居る。

廃棄物を満載したトラックが入ってくれば、素早く計量し、荷下ろしさせ、下ろした廃棄物を分別し、各々のコンテナに入れなければならない。

私の職種は、“分別した廃棄物をそれぞれの処分場に運搬する4tトラックの運転手”ということなのだが・・・

油圧ショベルを運転して、荷下ろしした廃棄物を掻き揚げ、フォークリフトを運転して、コンテナに入れた廃棄物を大型トラックのコンテナに投入し、機械を降りれば、手作業で下ろした廃棄物を分別しなけらばならない。

ゆっくりこれらの仕事が出来ればいいのだが・・・そうはいかない!
重機(油圧ショベル、フォークリフト)の運転時には、他の重機、トラックの動き・位置、建物、障害物、周囲の従業員の動向に常に注意を払う必要がある。しかも、素早さが要求される!!

大型トラックのコンテナが一杯になれば、大型トラックでコンテナを引き上げるか、4tトラックのコンテナに積み替えて引き上げ、をそれぞれの処分場に運搬するのだが・・・

工場入り口が非常に狭いので、大型トラックはバックでしか進入できない、そこで従業員が、両側に立ち、通行する車両、歩行者を止めて進入させなければならない。

4tトラックの場合は、工場内の混雑状況により前進、若しくはバックで進入するのだが・・・その状況判断が非常に難しいのだ・・・

また、駐車場からトラックを出すにしても、大型車が邪魔している場合が多々あり、その場合は、自分で運転して移動させなけらばならない・・・

トラック運転時にも駐車場では他の車両との接触、工場に進入する時に
は、他の車両との接触、他の重機、トラックの動き・位置、建物、障害物、周囲の従業員の動向に常に注意を払う必要がある。しかも、素早さが要求される!!

少しでも動きが遅ければ、直ぐに上司からの怒声が飛んでくる。
不用意に近つ"く従業員が居れば、私も怒鳴り上げ、近つ”けさせない!

「接触して事故になれば一大事」なのだそうなる前に予防しなけばならない!!

全力で仕事中の私は、女性従業員曰く「顔が非常に怖い」らしい・・・
出社時に私が笑顔で居れば「何、朝からニコニコしているんだ」と他の従業員は言う
役付け従業員連中は私を評して曰く「免許・資格を沢山持っていても、使わなければただの役立たず」である。

これらの言葉を「真に受けていれば」私は、直ぐに「弱気になり壊れそうになる・・・」

おいおい・・・

片っ端から全力で片付けていかなければ仕事にはならないぞ!
仕事以外のゆっくりとしている時は、笑顔で居たいよ!
そう言うあなた方は、どうなんですか・・・重機に乗ってばかりではないですか!大型、4t、重機まで動かしているのは私を含めて2人しか居ませんよ!私の持つ資格は活用してますよ!!

内心からこみ上げて来る「激しい憤り」が「壊れそうな私」を辛うじて支えている。

仕事は遊びとは違うんだ!!!
表面ばかり見ていないでもっと本質を見ろ!!!!

壊れてしまったら、遺書を残して、ガソリン被って、

火達磨だあ!!!!!

昨日の夕食

献立は、ゴマサバ中落ち、頭、内臓、人参、玉葱、ワカメの味噌汁。
白飯、糸引き納豆。

白飯に味噌汁をぶっ掛け「冷や汁」にして食すると快感です!!

様々な、おかずが「食べたい時に食べられる」のは、「自炊派の特権ですね!」

宮崎市だけではなく、福岡県宗像市にもありますよ!

意外でしょ!

FM-mimi 各パーソナリティのメールの読み方について思うこと

私は福岡市早良区のFM放送局 福岡コミュニティ放送㈱(愛称FM-mimi)の各番組にメールを送って参加しており、番組は聴いておりますので、番組各パーソナリティのメールの読み方はチェックしております。

その中で、各パーソナリティのメールの読み方について思うことを書いてみます。

私が送信したメールの文面通りに読まれる方
小林奈緒美、ハニー、じぇにふぁの3方

こちらの方々は、リスナーの送信したメールの内容通りに原則的に伝えて下さる姿勢だと感じております。

私が送信したメールの文面をはしょって読まれる方
西村なつ、さとうともやす、たすまん、百万石の4方

こちらの方々は、リスナーの送信したメールの内容通りどころか、場合によっては「かなり誤解を招く」伝え方をして下さいますので・・・
リスナーとしては「本当に困ったちゃん!」ですね。

送信した、メールの内容は「文面通りに読まれる」ことで他のリスナーにはじめて伝わります。

番組に送信したメールの文面を省略する箇所によっては「リスナーが主題として書いた部分」が多々ありますからね。

本日の「ボナペチ」に送信したメールの文面を省略して読んだ、月曜担当のあなた!この所、毎週、ずっと省略され続けてますよ!!
あなたが「省略した部分」には、「私が最も言いたかった事」が含まれていました。
金曜深夜から土曜未明の番組担当の方も先週の番組中で同様の事をしてくれてます。
リスナーとしては「はっきり言って失望しています!!」

次回から、番組宛に送信するメールには「省略して読まない様にして下さい」の1文を入れたいと思います。

「もっと知りたい自衛隊」担当の方!、『リスナーからのメールを沢山募集します』、『沢山番組宛にきたメールは次週紹介します』と先週の番組中で言っといて、「私が番組宛に1週間前に送信したメールですら」読まれてないですよ?番組宛のメールフォルダーを見ておられますか?まさか「すでに削除されてしまった」なんて事はないでしょうね・・・
一体全体どうしたんでしょうね!?

本当、リスナーは失望しますよ・・・!
我々リスナーは「番組宛に送信したメールが」読まれる事で、「メッセージを送信する喜び」を感じる部分が多々ありますよ、リスナーの気持ちを踏みにじられては困りますね。

今回は、猛烈に辛口の書き込みでした。
FM-mimi リスナーとして、言うべき事は言いますよ!!スタジオ前で「仮面被って踊っている」だけが能じゃないですよ!
パーソナリティの方々は「あくまでもお仕事」ですからね、「手を抜かれては」困ります。
きちんとけじめはつけて貰わないと!!

追記を表示

「自立と結婚」について思うこと・・・

今回は、私ラグの「結婚観」について述べさせていただきます。

私は、20代の頃は「独身主義」を標榜しておりました。
理由は、両親の夫婦仲が非常に悪く喧嘩ばかりしている光景を18歳になるまで数多く見ていたので・・・

散々迷いながら自分なりに将来の方向性を考えた結果、『結婚して、夫婦喧嘩に無駄な時間を費やすより、1生涯独身で過ごして、自分のやりたい事に挑戦し、結果を出す』事の方が『1度しかない自分の人生を有意義に過ごせる』と思う様に成りました。

私は、一人っ子でしたので、相談できる兄弟がいませんでした。同時に「周囲を気にせず自分のやりたい事に挑戦できる」という利点もありましたので、迷わず「自立できる自分」を目指して、「完全に近い自炊生活」そして「陸・海・空の自家用交通機関操縦/運転資格の取得」の達成を目標に行動を開始しました。

いろいろ、紆余曲折はありましたが目標を全て達成した1996年当時は、「他人に頼ろうとしない、頼れる自分自身に成れた」と感じていた、のと同時に「真の自立は生涯独身でなければ達成できない」と感じていたのも事実です。

『自立』とは「自分だけの力で行動し、生活すること。他からの助けを受けないで、やっていくこと。」を意味していますので、「夫と妻の共同生活」である『結婚』は『真の自立』とは言えないと当時は考えていました。

2005年現在でも、その甲斐あって、現在私の「自立心」は、一定の水準に達し、実生活でも実家を離れ、自立できていますね。「完全に近い自炊生活」は継続中であり、生涯独身で過ごせる自信は充分に有ります。

ただ、2000年頃から「自立出来ている人間ならば、『夫と妻の共同生活』にも余裕を持って対処できる」と考えるようになりました。

現在の「結婚生活」は、夫婦間の明確な分業体制が崩れ、夫の家事、育児への参加が否応無しに求められています。現在の私であれば、余裕を持って対応できるでしょう・・・

2005年現在の私は、20代の頃の「独身主義」とは打って変わって「結婚」に対して積極的な考えですね・・・

私が18歳~30歳に渡り、鍛え上げた「自立心」は決して無駄ではありませんでしたね!

私が現在、FM-mimi の各番組に送っている「自分に関する内容のメール」に対して、大抵のパーソナリティは「凄いー!」と言いますねー。

「現在の私」を作り上げたのはあくまでも「自分自身に対する向上心」以外の何ものでもないですね!

オートバイ試乗

今朝は、久々に志賀島にヤマハSRX 600で行ってきました。
8:15位に着くと、ハーレー・ダビッドソン数台、ホンダCB750が既に居ましたね。数分後に小学校、中学校の同級生、岩崎氏がカワサキZX-12Rで登場、その後、続々と大型バイクが終結し、バイク談義に花が咲きました。

その後、帰宅し買い物に行きまして、1週間分の食材を調達しました。目玉は、ゴマサバ1尾69円を2尾仕入れました。

福岡の郷土料理の1つにサバの刺身を胡麻と醤油で合えた「胡麻鯖」なる同名の料理もありますので、非常に紛らわしいです。

今回は、刺身にはしないので、内臓、頭を取り3枚下ろしにして、冷蔵します。頭、中落ち、内臓は塩を振り冷蔵しておきます。後ほど、味噌汁の具として活用できますので・・・マサバに対して身割れしやすいので、解体には気を使いますね。

図書館に行き本の返却と貸し出しの後、バイク試乗に行きました。
今回は、ビューエル ファイアーボルトXB9R、ホンダ CB1300 スーパーフォア ボルドールの2車に乗ってきました。

ファイアーボルトXB9Rは、ハーレー・ダビッドソンのスポーツスター系空冷45度V型2気筒エンジンを高度にチューンし独自のシャシーに搭載したものです。アルミ合金製フレームとスイングアームには、燃料タンクと、エンジンオイルタンクが内蔵されるという非常に凝った造りでした。
狙いは、「マスの集中化」との事ですが、乗車姿勢が非常に窮屈で長距離走行はライダーには非常に苦痛でしょう。

CB1300 スーパーフォア ボルドールは、CB1300 スーパーフォアにカウルを取り付けたモデルです。ツアラーモデルらしく、乗車姿勢が非常にゆったりとしていて楽でしたね。重量級車らしく安定感がありました。

現在、私が所有している、ヤマハSRX 600、スズキDJEBEL 200は軽量級の車体なので軽快感はありますが、安定感には欠けますね。

最近は、ガソリン価格が高いので、専らバイクでの移動が主体です。

2005.11.11 「続・FUNKAHOLIC」

例の如くスタジオ前に登場しました。
今回は、悪天候ということもあり、4輪車テリオスキッドで行きました。
都市高速に乗り、90~100km/hで20分位で到着します。

DOHCターボ過給エンジンですが、レギュラーガソリン仕様です。アクセルを踏み込めば速度計を振り切ることも出来ますが、燃費が非常に悪化するので、最大トルク発生回転数付近で経済走行しています。

駆動系はフルタイム4輪駆動で、センターデフロック、リアLSDを装備していますので、路面を選ばずに安定して走行します。

スタジオには、私ラグ、異論反論オブ・ジョイトイ氏、後ほど、山雅氏、toy氏が合流し楽しいひと時を過ごしました。

国光氏も12日1時にミキサー復活し、2週ぶりに全員集合です。

他に、ヘルメット姿のひょっとこ/ジェイソン、出っ歯男、馬が百万石氏の背後に出没していました・・・

今夜「続・FUNKAHOLIC」

スタジオ前が「FUNKYな夜」になる!

乞う、ご期待!

戦闘機の機動性

航空祭絡みで「戦闘機の機動性」について述べてみます。

機動性には、旋回半径と旋回率という2つの指標が有ります。
旋回半径は、戦闘機が360度旋回するのに必要な半径で小さいほど優れています。
旋回率は、単位時間あたりに、どれだけの角度旋回できるかを示す数値で大きいほど優れています。

時代別に見てみると第1次世界大戦中の複葉プロペラ戦闘機、第2次世界大戦中の単葉プロペラ戦闘機、現在の超音速ジェット戦闘機の順に機動性は低下しています。

皮肉な事に旋回半径、旋回率共に第1次世界大戦中の複葉プロペラ戦闘機が最も優れているんですよねー・・・

時代が進むごとに戦闘機の戦法は、格闘戦重視から、一撃離脱重視へと変化してきています。

第2次世界大戦中の日本海軍の単葉プロペラ戦闘機「零式艦上戦闘機」は格闘戦性能に優れた戦闘機として連合軍パイロットに恐れられていましたが、開発中の試験飛行ではそれまでの96式艦上戦闘機より格闘戦性能が劣る事が実証されています。

「ドッグファイト」と称される戦闘機同士の格闘戦は「後ろの取り合い」ですから、旋回半径、旋回率共に第1次世界大戦中の複葉プロペラ戦闘機に最も部があります。

逆に「一撃離脱戦」では、遠方より敵機をより早く発見し有利な位置から先制攻撃を加えて離脱する戦法ですから・・・、レーダーで遠方より敵機をより早く発見でき、空対空ミサイルという機関砲よりは長射程の武器を持つ、現在の超音速ジェット戦闘機が最も有利ですね!

いくら次期支援戦闘機F-2の機動性が優れているとはいっても「ドッグファイト」に限るならば、第1次世界大戦中の複葉プロペラ戦闘機に勝てないということです。

鉄腕アトム

小さい頃に見た手塚治虫氏原作の漫画「鉄腕アトム」
その記憶が深層心理上に残っていたからなのか・・・

現在の私は、主人公「アトム」の持つ機能の幾つかを達成しているではないですか!
「空を飛ぶ能力」、「水上、水中の行動能力」、「陸上を移動する能力」これらは「自家用交通機関の操縦/運転能力」として現れています。

因みに横山光輝氏原作の漫画「バビル2世/その名は101(ワン・ゼロ・ワン)」中の「3つのしもべ、ロプロス、ポセイドン、ロデム」の持つ能力でもあります。

やはり、幼少時代の記憶は、成長する時に大きな影響を与えますね・・・しみじみ・・・

燃費

私が現在所有している、乗用車、オートバイの燃費を計った結果です。

軽4輪乗用車、ダイハツ テリオスキッド
水冷DOHC4バルブターボ過給、インタークーラー無し、総排気量3気筒659ccエンジン縦置き、クロスカントリーフルタイム4輪駆動、ステーションワゴン、5速MT:11.3km/L

オートバイ、ヤマハ、SRX 600
空冷SOHC4バルブ自然吸気、総排気量単気筒608ccエンジン、オンロード仕様、5速MT:21.6km/L

オートバイ、スズキ、DJEBEL 200
空冷SOHC2バルブ自然吸気、総排気量単気筒199ccエンジン、オフロード仕様、5速MT:28.7km/L

全てレギュラーガソリン仕様です。
こうして比較してみると、やはり2輪車の方が圧倒的に良いですね。
ガソリンが高騰しているこの頃、2輪車の燃費性能には助かります。

4輪車は、水冷DOHC4バルブターボ過給エンジンですが、ターボ車にしては、珍しくレギュラーガソリン仕様です。

FM-mimiパーソナリティ、たすまん氏、じぇにふぁ嬢、リスナー、立ち枯れ清兵衛氏らもDOHC4バルブターボ車を愛車にしておられますが、全てハイオクガソリン仕様のため、ガソリンが高騰している、今日この頃は燃料代に頭を痛められていることかと思います。

究極のハイオクガソリンは、AVGAS アブガスと言われている航空用ガソリンですが、ノッキング防止剤として自動車用ガソリンでは現在使用されていない、4エチル鉛が添加されているので、環境には非常に優しくない燃料ですね。


2005.11.06 航空自衛隊築城基地航空祭

conv2-0033.jpg

築城基地正門
conv2-0023.jpg

T-4練習機
conv2-0024.jpg

本年度で退役するF-1支援戦闘機(戦闘爆撃機)通常塗装機
conv2-0025.jpg

F-1支援戦闘機(戦闘爆撃機)特別塗装機
conv2-0029.jpg

後継機F-2支援戦闘機(戦闘爆撃機)通常塗装機
conv2-0027.jpg

F-15J主力要撃(迎撃)戦闘機
conv2-0026.jpg

F-1支援戦闘機(戦闘爆撃機)の模擬対地射爆撃展示飛行
conv2-0028.jpg

F-2支援戦闘機(戦闘爆撃機)の機動展示飛行
conv2-0030.jpg

要撃(迎撃)戦闘機F-15Jの機動展示飛行
conv2-0031.jpg

築城基地正門裏

2005.11.06 航空自衛隊築城基地航空祭に行って来ました。
築城基地航空祭には、幼稚園児の時、航空自衛隊主力戦闘機がF86Fセイバーの時に行って以来ですねー・・・

私が、幼稚園児の時に漠然と抱いた「パイロット」という「夢」は、20数年の時を経て現実のものとなりましたが、軍用機の操縦士にはあこがれていませんでしたねー、むしろ民間の軽飛行機の操縦士にあこがれていましたので、夢は叶えています。

操縦士としては、操縦輪/桿を最大限に動かす、曲技飛行は面白いものですが、民間機の場合は墜落の危険性だけで済みますが、軍用機の場合は撃墜の危険性もありますのでそれこそ命がけです。

今年は、本年度で退役するF-1支援戦闘機の見納めでもありますので、展示飛行には、力が入っていましたねー。「支援戦闘機」とは、日本独自の用語ですが、地上部隊や対艦船攻撃を主任務にしている戦闘機で諸外国の空軍でいう「戦闘爆撃機」を指します。
後継機F-2支援戦闘機は迎撃任務も充分に果たせるように空対空ミサイルも最大8発搭載可能です。
これはF-15J主力要撃(迎撃)戦闘機と同じ数です。

航空自衛隊築城基地上空は、北九州空港で操縦訓練を受けていた時に度々上空を飛行通過していましたねー。

西村なつ嬢の姿を捜したんですけれども私は、発見できませんでした。
一体全体、何処に居られたのやら・・・?

オフロードバイク回収

conv2-0034.jpg

11.04に運転していたトラックの故障で、やむなくJRにて帰宅したので、11.05に職場に置いていたバイクの1台を父親の軽トラックで回収してきました。見てのとおりオフロードバイクです。
スズキ DJEBEL 200という車種ですね。

軽トラックは、ダイハツ ハイゼット クライマー という車種です。
パートタイム4輪駆動で2速トランスファー、リアデファレンシャルギヤーロックを装備する。悪路走破性に優れたモデルです。

2輪、4輪のオフロード志向の車種の組み合わせでは、最高の機動性を発揮できると思います。

林道深く分け入ったり、船外機付きゴムボートを積んで海岸に行く時に重宝しています。

何せ、過酷な悪路に進入することを想定して選んだのは私ですから・・・

隣に見えるのは、私の自家用車、これは、フルタイム4輪駆動で、センターデファレンシャルギヤーロック、リアリミテッドスリップデファレンシャルギヤーを装備しています。

北九州都市高速道路上で立ち往生

本日、午後福岡市より北九州市若松区に向けて荷物を運搬中、北九州都市高速道路馬場山料金所を通過したところで、私ラグが運転していた4トン着脱式コンテナトラックの変速機が故障し、走行不能になりました。

レッカー移動を依頼し、小嶺ランプより出て八幡西区則松のディラー修理工場に入庫し点検の結果、変速機内部を開放点検する必要があるとの事、やむなくJR折尾駅まで送ってもらいJRで自宅まで直帰する羽目になりました。

運行前点検を行っていての故障、こうなるともうなんと言ってよいのやら・・・
「せめて、事故にならなくて良かった」としかとりあえずは言えませんでした・・・

まあ、それにしても最近の特に、自動変速機の乗用車の運転者の運転姿勢は妙な格好が目に付きますねー片肘をついてみたり、右肩だけを上げてみたりとか、挙句の果てには左手、左足をコンソール上に放り上げてみたりとか・・・

そんな姿勢では、事故や緊急時の対応に支障が生じて当然だと思うのですが・・・私だけの思い過ごしでしょうか?

2005.11.03 「Crusin'」、「&J」

昼は休日出勤でしたので、終業後、FM-mimiスタジオに行きました。
リスナー、異論反論オブジョイトイ氏、toy氏も駆けつけていました。

「Crusin'」には、スペシャルゲストそのまんま美川氏、マネジャー氏、西村なつ氏が登場して楽しいトークを披露してくれました。横尾健太郎氏も登場し楽しいひとときを過ごさせて頂きました。

「&J」2ヶ月間連続レギュラーゲスト、JJCLUB西新店マネージャー氏が登場されてました。今回は西新店の1階店舗紹介でしたねー・・・

スタジオ前では、謎の、麦藁帽子を被った「ひょっとこ」、「ジェイソン」、「出っ歯男」の3人が踊り狂っていたような・・・

AppleSeedClub(ULAMiMi/隔週)●パーソナリティ:ミヤヤマタカユキ氏

を聴きながら、投稿メール作成してました。

部分的には聴いてたんですけどねー・・・

通して聴くのは、今回が初めてです。

マックは残念ながら触れたことありません。

ついでに初メールしました。ミヤヤマタカユキ様、読んで下さってありがとうございました。

木曜は、スタジオ前が賑やかになりそうな予感です。

Extra

プロフィール

鎌海豚

  • Author:鎌海豚
  • ご来訪、まことに有り難う御座います。
    福岡在住の自然大好き、自炊暦20?年の男子です。
    釣り、料理、等等日常生活の様々な話題を載せていきます。





    http://ping.blogmura.com/xmlrpc/1gap92b49f51

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。