Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父親のダイハツ・ハイゼットトラック(V-S110P)への増大君MAX設置見直し

さて、2010年3月に父親の 平成8年式 ダイハツ・ハイゼットトラック(V-S110P型) の増大君MAXの配置見直しを行っていましたが本日、再び配置見直しを行いましたので詳細を報告いたします。

車外観。
車外観。

父親の 平成8年式 ダイハツ・ハイゼットトラック(V-S110P型)は、EF-NS型SOHC6バルブキャブレター仕様です。

エアクリーナーケース側面。
エアクリーナーケース側面。

エアクリーナーケース正面。
エアクリーナーケース正面。

エアクリーナーケース内部。
エアクリーナーケース内部。

今回装着する増大君MAX カード4枚+セラミック磁石1個仕様 を2セット装着しました。
今回装着する増大君MAX カード4枚+セラミック磁石1個仕様 を2セット装着しました。

増大君MAX配置図。
増大君MAX配置図。

ここまでが、2010年3月に装着した時の配置。この時は増大君MAXを固定してはいませんでした。

本日は、再び増大君MAXを解体し、再び組み直して再装着しました。
というのも、5.27に社用で大分市に出張した折、この車で高速道路を往復したのですが、時々エンジン出力が低下し、車速が低下する症状が発生しました。エンジン吸気系統に抵抗が発生していると考えられたので、原因と考えられる、増大君MAXを取り出し、再配置と固定を行うことにしました。

DSC00270-2.jpg

今回の配置は上の画像の通りで、空気フィルターケースに固定しました。

増大くんMAX再配置図、空気フィルター装着

空気フィルターを装着した画像。
磁石を挟み込んだ物を2組、1次側の吸気流入口の周りに貼り付け、磁石無しの物を2組反対側に貼り付けました。
今度は、固定したので、移動して吸気抵抗に成る事は無いはずです。
スポンサーサイト

燃料油高騰時代の燃費対策

最近では、釣りブログ『隠れ家』の方に主軸を移しているので、ほとんど更新していませんが、燃費対策の最新版を公開します。

ここ福岡市東区でも、ガソリン160円台/lの事態になり、お悩みの方は多いかと思います。

私の場合、1999年2月に新車購入した、ダイハツ・テリオスキッドの燃費のあまりの悪さに閉口して、燃費対策を試行錯誤しながら現在に至っています。

dc092301111.jpg

愛車テリオスキッドCL、1999(平成11)年式、5MT仕様、水冷直列3気筒660ccDOHCライトプレッシャーターボ過給エンジン、インタークーラー無し、フルタイム4WD

DSC001450003.jpg型式銘板

DSC001460004.jpgエアフィルターケース拡大
吸気ダクト入口に見えるのが燃費対策部品

DSC001470005.jpgスロットルボディ部に設置された吸気温センサー、過給器で圧縮され高温になった吸気温度を計測、後期型はエアフィルターケース2次側に設置されているので、低音の吸気温度を計測。

DSC001480006.jpgブローバイホース取り回し、後期型の部品に変更済み

DSC001490007.jpgエアフィルター上面、燃費対策部品『増大くんW-MAX、MAX』を装備。

DSC001500008.jpgエアフィルターケース2次側安全対策。100円ショップ販売の銅製排水口金網を貼り付け。

DSC001510009.jpg1次側の燃費対策部品『増大くんW-MAX、MAX』の様子。

DSC001520010.jpgターボチャージャー及び排気多岐管部、多岐管より出ている端子が酸素濃度センサー、前期型は2極型端子で1箇所設置、後期型はセンサー予熱端子を備えた4極型端子で2箇所設置。

DSC001530011.jpg油圧式パワーステアリング作動油ポンプ部、後期型は電動式なので有りません。

DSC001540012.jpg油圧式パワーステアリング作動油タンク、後期型は電動式なので有りません。

購入当時の実走燃費 平均10km/L、前期型テリオスキッド5MT仕様のカタログ燃費は16.4km/L。

現在の街乗り、実走燃費は空調断続使用、手動アイドリング停止と組み合わせて、平均15km/L、後期型は電動パワーステアリング化、吸気音センサー位置変更、酸素濃度センサー4極型端子化、2箇所設置化等及び燃料制御プログラムの高度化等により0.4km/L向上の16.8km/L。

燃費対策部品『増大くん』は通信販売で購入可能ですが・・・


元々、100円ショップダイソーで販売されている、商品『トルマリンパワー』を穴開け加工し、リング状フェライト磁石を組み合わせたものなので、簡単に自作できます。

DSC00137.jpg自作品平面
DSC00138.jpg自作品側面

現在の街乗り、実走燃費は空調断続使用、手動アイドリング停止と組み合わせて、平均15km/L、購入当時と比較して50%向上、対カタログ燃費16.4km/L比で、91%を出しています。

燃費対策部品『増大くん』の作用は、静電気で空気中の水蒸気を酸素と水素に電気分解し、吸気中の燃料を増加させます。電子制御燃料噴射装置装備車は、コンピューターが吸気中の燃料濃度を希薄化するように作動しますので、気筒内の燃焼温度は上がり、未燃焼燃料は少なくなります。勿論、低速域のトルクが太くなりますので、スロットル開度が少なくなり燃費が向上します。

気筒内直接燃料噴射エンジンにおいても、燃料の燃え残りに起因する煤が非常にに少なくなりますので、ガソリンエンジンにおいて不調の原因となる噴射弁への煤の付着が激減します。

従来型のポート噴射式ガソリンエンジンにおいても燃焼室内は綺麗に保たれるどころか、過去に蓄積した煤、スラッジ等が燃焼し、排出されていきます。ブローバイガスも綺麗になります。

排気ガスも綺麗になりますので、気化器式エンジンにおいては、排気の刺激臭が激減します。これは電子制御式エンジンについても同様です。

以上の効果は、増大くんカスタマーサポートブログに詳細が掲載されています。

2006年より使用を開始して現在迄8年間、2輪、4輪、船外機と使用してきましたが、満足いく効果を上げられています。

2輪、4輪、船外機の使用状況については、過去記事で発表しています。
















父親のダイハツ・ハイゼットトラック(V-S110P)への増大君MAX設置

さて、本日は、昨年12月に父親の 平成8年式 ダイハツ・ハイゼットトラック(V-S110P型) の増大君MAXの配置見直しを行っていましたので詳細を報告いたします。

車外観。
車外観。

父親の 平成8年式 ダイハツ・ハイゼットトラック(V-S110P型)は、EF-NS型SOHC6バルブキャブレター仕様です。

エアクリーナーケース側面。
エアクリーナーケース側面。

エアクリーナーケース正面。
エアクリーナーケース正面。

エアクリーナーケース内部。
エアクリーナーケース内部。

今回装着する増大君MAX カード4枚+セラミック磁石1個仕様 を2セット装着しました。
今回装着する増大君MAX カード4枚+セラミック磁石1個仕様 を2セット装着しました。

増大君MAX配置図。
増大君MAX配置図。

エアクリーナーケース周辺。
エアクリーナーケース周辺。

装着後10分くらい暖気すると排気管より水と水蒸気が噴出してきました。
装着後10分くらい暖気すると排気管より水と水蒸気が噴出してきました。

装着後の排気管の様子拡大。
装着後の排気管の様子拡大。

今回は、キャブレター仕様なので、バッテリー端子を外したリセットは行っておりません。

暖気の後、試乗したらエンジンの低速トルクが増加し、アクセルペダルの開度が少なくなりました。
市川石油様のブログで紹介されている同型車(V-S210P型)と全くエアクリーナケースは同じで、燃料系がキャブレターかインジェクションかの違いだけです。

装着後、ディーラーにて排気ガス濃度測定を行いました所、基準値 CO 1.5+1.0-0.5% HC 900ppm 以下に対し 測定値 CO 0.29~0.31% HC 187~191ppm 以下という数値が出ました。はっきりと有害成分の低下が数値で示されました。燃焼効率は、見事に改善されています。

友人のI氏 エブリィバン への増大君MAX設置

一昨日、I氏本人所有の4代目 エブリィバン(DA52V)に増大君MAXを設置したので報告致します。

車外観 4代目 エブリィバン(DA52V)。
車外観 4代目 エブリィバン(DA52V)。

装着前の排気管の様子 少々水が溜まっています。
装着前の排気管の様子 少々水が溜まっています。

エアクリーナーボックス周辺 F6A型SOHC12バルブEPI-MPI(マルチ・ポイント・インジェクション)仕様で、吸気温センサーが無く、O2センサー1個の仕様です。 3速AT仕様。
エアクリーナーボックス周辺 F6A型SOHC12バルブEPI-MPI(マルチ・ポイント・インジェクション)仕様で、吸気温センサーが無く、O2センサー1個の仕様です。 3速AT仕様。

エアクリボックス内に増大君MAX1セット分を設置しました。
エアクリボックス内に増大君MAX1セット分を設置しました。

装着後の排気管の様子 明らかに装着前より水と水蒸気の量が増えました。
装着後の排気管の様子 明らかに装着前より水と水蒸気の量が増えました。

装着後、2代目 4代目 エブリィバン(DA52V)を試乗したI氏は、変速ショックの低下と低速トルクの増加を体感され、非常に喜ばれていました。

一昨日、2台のスズキ車、友人I氏の奥様の車 2代目 ワゴンR‐RR前期型(MC21S)、I氏本人所有の4代目 エブリィバン(DA52V)に増大君MAXを設置したのですが、2台共非常に顕著に変速ショックの低下と低速トルクの増加が見られました。ATも共に電子制御なので燃費向上も時間の問題でしょう。

私的には、非常に満足できた設置例となりました。追って燃費向上報告も出来ると思います。

友人の ワゴンR‐RR への増大君MAX設置報告

さて、昨日友人I氏の奥様の車 2代目 ワゴンR‐RR前期型(MC21S)に増大君MAXを設置したので詳細を報告いたします。

昨日、近所に住む友人I氏宅へ行った折、雑談していたら、所有する2台の自家用車 2代目 ワゴンR‐RR、4代目 エブリィバン の燃費があまりにも悪いという話を聞いたので、乗って来ていた父親のアルト HA12S前期型 の増大君MAX2個を4代目 エブリィバン のエアクリーナーボックスに装着し、バッテリーターミナルを外しリセットした所、排気管より水蒸気と水を噴出し始めました。
増大君MAXの効果をI氏が実感できた様子でしたので、仮装着した増大君MAX2個を父親のアルトに戻して一旦帰宅し、自宅を探したところ、使用していない増大君MAXが2セット分出てきました。

再び、増大君MAXを2セット分、I氏宅に持参した所、I氏の希望もありまずI氏の奥様の車 2代目 ワゴンR‐RR前期型(MC21S)に装着することにしました。

車外観 2代目 ワゴンR‐RR前期型(MC21S)
車外観 2代目 ワゴンR‐RR前期型(MC21S)

装着前のエンジン回転数 概ね950rpm前後です。
装着前のエンジン回転数 概ね950rpm前後です。

装着前の排気管の様子 少々水が溜まっています。
装着前の排気管の様子 少々水が溜まっています。

エンジンルーム内 K6A型DOHCターボ 4速コラムAT仕様
エンジンルーム内 K6A型DOHCターボ 4速コラムAT仕様。

エアクリボックス内に増大君MAX1セット分を設置しました。
エアクリボックス内に増大君MAX1セット分を設置しました。

バッテリーマイナス側端子も外してリセットしました。
バッテリーマイナス側端子も外してリセットしました。

装着後のエンジン回転数 概ね850rpm前後です、見事に下がりました。
装着後のエンジン回転数 概ね850rpm前後です、見事に下がりました。

装着後の排気管の様子 明らかに装着前より水と水蒸気の量が増えました。
装着後の排気管の様子 明らかに装着前より水と水蒸気の量が増えました。

装着後、2代目 ワゴンR‐RR前期型(MC21S)を試乗したI氏は、変速ショックの低下と低速トルクの増加を体感され、非常に喜ばれていました。

Extra

プロフィール

鎌海豚

  • Author:鎌海豚
  • ご来訪、まことに有り難う御座います。
    福岡在住の自然大好き、自炊暦20?年の男子です。
    釣り、料理、等等日常生活の様々な話題を載せていきます。





    http://ping.blogmura.com/xmlrpc/1gap92b49f51

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。